茨城県
▼人気記事ランキング
9.忘れられた被災地
2011年(平成23年)3月11日午後2時46分に発生した東日本大震災では、岩手・宮城・福島3県の被害が甚大だったが、茨城県が被った被害も大きく、県内多くの地域で最大震度6強の揺れを観測した。さらに午後3時15分には、茨城県沖を震源とするM7.4の地震も発生し(鉾田市で震度6強)、県内の被害が拡大した。この結果、死者・行方不明者は66名、住宅の全半壊・一部破損は20万軒以上に上った[61]。また多くの市町村で、液状化現象も認められた。

県内の太平洋沿岸地域は大きな津波を受け、北茨城市の名勝である五浦六角堂が流されて消失した。東海村の日本原子力発電東海第二原発も最大5.4メートルの津波に襲われた。しかし、6.1メートルの新防護壁が辛うじて全電源喪失を防ぎ冷温停止にこぎつけた[62]

こうした甚大な被害にもかかわらず、神栖市では3月14日に計画停電が実施された。茨城県知事 橋本昌による、首相東京電力に対する強い抗議により、翌日から計画停電エリアからは除外されたが、茨城県は被災地として忘れられているのではないか、という想いが県民の間に広がった[63]。このため茨城県は、忘れられた被災地とも言われている[64][65]

[4]前ページ
(8.6.県域民放テレビ局・FM局)
[6]次ページ
(10.1.方言)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/08 17:01
ソ人気記事ランキング
2019/09/18 更新
 1位日本
 2位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 3位熊谷連続殺人事件
 4位凪沢怜奈
 5位池田大作
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant