茨城県
▼人気記事ランキング
4.歴史
4.2.明治から第二次世界大戦まで
現県域には水戸藩他14藩と県域外諸大名の飛び地、幕領旗本領などが錯綜していた。1868年慶応4年、明治元年)、幕府の解体により旧・幕領・旗本領は新政府の直轄地とされ、6月に粥川満明(三上藩士)が常陸知県事に、8月には佐々府貞之丞(肥後藩士)が下総知県事に任命され、常総の民政を担当した。翌1869年(明治2年)1月に下総知県事の管轄地が葛飾県、2月に常陸知県事の管轄地が若森県になった。こうした動きの中で、同年6月に版籍奉還が行われ、1871年(明治4年)7月の廃藩置県を経て、同年11月、現在の県域は茨城県および新治県印旛県のそれぞれ一部に統合された。1875年(明治8年)5月に新治県が分割され、そのうち常陸国6郡が茨城県と合併し、同時に千葉県1873年(明治6年)に印旛県と木更津県が合併)から概ね利根川以北に当たる区域を編入して現在の茨城県が成立した。

1868年慶応4年、明治元年)
1月24日 - 松岡藩設置。
4月5日 - 討幕軍、結城城を攻撃し、落城。
4月11日 - 徳川慶喜、江戸より水戸へ退去し、弘道館で謹慎。
6月27日 - 常陸知県事任命。
7月14日 - 志筑藩設置。
8月8日 - 下総知県事任命。
10月1日 - 弘道館の戦い
1869年(明治2年)
1月13日 - 下総知県事の管轄区域をもって葛飾県が成立(県庁所在地は現・千葉県流山市)。
2月9日 - 常陸知県事の管轄区域をもって若森県が成立(県庁所在地は現・つくば市若森県庁参照)。
6月17日 - 版籍奉還を受けた政府が徳川昭武を水戸藩知事(知藩事)に任命。以下、6月24日まで現県域内各藩主が知藩事に任命される。
現県域内に藩庁を置く水戸藩松岡藩宍戸藩笠間藩下館藩下妻藩麻生藩、石岡藩(旧・常陸府中藩)、土浦藩志筑藩牛久藩谷田部藩結城藩古河藩
1870年(明治3年)
12月 - 水戸藩禄制改革。
12月24日 - 守山藩磐城国)の移転により松川藩成立。
1871年(明治4年)
2月7日 - 谷田部藩が下野国に移転、茂木藩となる。
2月8日 - 大網藩上総国)の移転により龍崎藩成立。
7月14日 - 廃藩置県により、現県域内3県15藩が18県となる。
従来の県が継続:若森県、葛飾県宮谷県
藩から県へ転換:水戸県松岡県宍戸県笠間県下館県下妻県麻生県石岡県土浦県志筑県牛久県松川県龍崎県結城県古河県
11月14日 - 府県統合により現県域内に以下の3県が成立。
水戸県、松岡県、宍戸県、笠間県、下館県、下妻県→茨城県
若森県、麻生県、石岡県、土浦県、志筑県、牛久県、松川県、龍崎県、多古県小見川県高岡県新治県
葛飾県、結城県、古河県、関宿県、佐倉県、生実県、曾我野県→印旛県
宮谷県は木更津県に統合されるが、常陸・下総国内の同県管轄地は新治県に編入される。
各県の管轄区域は以下の通り。
茨城県(県庁所在地:茨城郡水戸)[28]常陸国多賀郡久慈郡那珂郡茨城郡真壁郡
新治県(県庁所在地:新治郡土浦):常陸国鹿島郡行方郡新治郡筑波郡信太郡河内郡下総国海上郡匝瑳郡香取郡
印旛県(県庁所在地:葛飾郡加村〈現・流山市[29]):下総国結城郡豊田郡岡田郡猿島郡葛飾郡相馬郡印旛郡埴生郡千葉郡
1872年(明治5年)
1月29日 - 水戸・弘道館裏に県庁開設。
1873年(明治6年)
2月3日 - 水戸に県下初の共立小学校創設。
4月 - 茨城県議事条例制定。
6月15日 - 印旛県と木更津県が合併し、千葉県が成立(県庁所在地:千葉郡千葉)。
1875年(明治8年)
5月7日 - 新治県が廃止・分割され、同県管下のうち下総国3郡は千葉県、常陸国6郡が茨城県と合併される。同日、千葉県管下のうち結城、岡田、豊田、猿島の4郡および葛飾、相馬2郡の利根川以北が茨城県に移管され、17郡を管下とする現在の茨城県が成立した。
9月15日 - 大区・小区制改正、12大区133小区に区分。
1876年(明治9年)
11月27日 - 真壁郡吉間村他数か村で農民一揆。
12月8日 - 那珂郡小瀬地方で農民一揆。
1878年(明治11年) - 郡区町村編制法により茨城郡を東茨城郡西茨城郡に分割、茨城県管下の葛飾郡を西葛飾郡、相馬郡を北相馬郡と改称。県下18郡となる。
1888年(明治21年) - 県内人口が100万人を突破。
1889年(明治22年)4月1日 - 市制町村制施行、水戸市が発足。
1896年(明治29年)4月1日 - 郡制施行。信太郡と河内郡が合併して稲敷郡となり、豊田郡および岡田郡が結城郡と、西葛飾郡が猿島郡と合併して県下14郡となる。
1899年(明治32年)4月1日 - 千葉県香取郡の一部(利根川および横利根川以北)を稲敷郡に編入。現・茨城県の県域がほぼ確定する。
1939年昭和14年)9月1日 - 日立市市制施行。
1940年(昭和15年)11月3日 - 土浦市市制施行。
[4]前ページ
(4.1.先史)
[6]次ページ
(4.3.昭和後期(第2次世界大戦後))
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/12 02:02
ソ人気記事ランキング
2019/11/13 更新
 1位日本
 2位リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件
 3位11月12日
 4位IT (映画)
 5位田代まさし
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant