逸見政孝
▼人気記事ランキング
2.死去の背景
2.6.手術について死後の賛否両論
結果的に癌の再発を根治することはできず、胃壁の中に広がる特殊な進行癌という特質上、死後「末期の状態であったにもかかわらず、なぜ大手術を受けた(受けさせた)のか」「クオリティ・オブ・ライフを無視した手術だった」といった疑問・批判の意見が多数あがった。
当時の医学水準での意見として、手術も抗癌剤投与も行わず処置した方が、苦しむこともなく1年程度は長く生きることができたとの見方もあった[25]。 一方では腸閉塞を防ぐため、中・長期的な生存のためには、このような大手術が必要であったという見方もあり、賛否両論がある[26]
[4]前ページ
(2.5.術後の容態悪化と最期)
[6]次ページ
(3.1.放送業界に衝撃)

25. 一般的にはS-1とシスプラチンによる術前補助療法と術後抗癌剤逐次投与を組み合わせた治療が有用であるとされる。ただし、遠隔腹膜転移がある場合は、手術適応外ー胃癌取扱い規約第12版P2/P3ーとされる。
26. 慶應義塾大学医学部近藤誠教授は、前田外科病院と東京女子医科大学の治療・手術方法の問題点を自著『がんは切ればなおるのか』(1998年、新潮文庫)で指摘しており、同著で「同年2月の手術の段階の病状でいかなる治療を受けても助かる見込みは100%なかった」「この際に手術を行わなければ、あと数年は生きられた」と述べている。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/05/22 00:30
ソ人気記事ランキング
2018/05/22 更新
 1位朝丘雪路
 2位津川雅彦
 3位かぐや姫の物語
 4位西城秀樹
 5位星由里子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant