サービス終了のお知らせ
一人っ子
▼人気記事ランキング
1.経緯
1.1.日本
厚生省(現厚生労働省)設置の国立社会保障・人口問題研究所が1940年から定期的に行っている調査によると、一人っ子の割合は1990年代頃から徐々に増加している。

2002年に行われた調査によると[1]、結婚期間が長い子供を産み終えた世代では平均2.0人を少し上回っており、80%以上の家庭が子供を2人以上持ち、一人っ子は10%に満たなかった。結婚4年未満の家庭における一人っ子の割合も1980年代とさほど変わらない。これは一人目の子供を持つ時期が変わっていないことを示す。しかし結婚期間が5年から9年経った家庭における一人っ子は24%(1987年から9ポイント上昇)、10年から14年の家庭でも16%(6ポイント上昇)となっており、一人目を生んだ後の出生率が鈍化している。

少子化の主たる原因は依然独身者の増加であるが、子供を持たない(持てない・産めない)夫婦(DINKs晩婚化不妊、経済的理由など)も結婚5年以上10年未満で10%(1987年から5ポイント上昇)となっているほか、一人っ子など出産ペースの低下も寄与している[2]

[6]次ページ
(1.2.中国)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/08 09:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant