一国社会主義論
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
一国社会主義論(いっこくしゃかいしゅぎろん)とは、世界革命を経なくても一国で社会主義の建設が可能だとする考え方。1924年ヨシフ・スターリンが主張し、1928年コミンテルン第六回大会で採択され、各国の共産党において支配的な見解となった。
目次
1.ヨーロッパ革命先行論からロシア革命先行論へ
2.世界革命論から一国社会主義論へ
3.脚注
4.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/06/01 22:02
ソ人気記事ランキング
2019/08/25 更新
 1位日本
 2位文京区幼女殺人事件
 3位飯田祐基
 4位名古屋小6受験殺人事件
 5位山本美香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant