井上ひさし
▼人気記事ランキング
1.来歴
1.2.学生時代から作家になるまで
1950年(昭和25年)、宮城県仙台第一高等学校へ進み孤児院から通学[3]。在校中の思い出を半自伝的小説『青葉繁れる』に記している。在校中は新聞部に所属し、同級生に憲法学者の樋口陽一、1学年上級生には俳優の菅原文太がいた。在学中は投稿や読書、映画、野球に熱中し、成績は低迷。東北大学東京外国語大学の受験に失敗して早稲田大学の補欠合格と慶應義塾大学図書館学科の合格を果たすも学費を払うことができず[8]、孤児院の神父の推薦で1953年(昭和28年)、上智大学文学部ドイツ文学科に入学し[3]代々木上原のラ・サール修道院から通う[† 4]。しかしドイツ語に興味が持てなかった上、生活費も底をついたため2年間休学して岩手県の国立釜石療養所の事務職員となる。看護婦への憧れから医師を志し[9][10]東北大学医学部岩手医科大学を受験して失敗。1956年(昭和31年)、上智大学外国語学部フランス語科に復学[3]。釜石で働いて貯めた15万円は、赤線に通い詰めて2か月で使い果たした[11]

在学中から、浅草のストリップ劇場フランス座を中心に台本を書き始める。当時のストリップは1回2時間程度のショーに先駆け1時間程度の小喜劇を出し物としており、殊にフランス座は渥美清を筆頭として谷幹一関敬六長門勇と言った後に日本を代表する喜劇役者の活躍の場であった。これらの大学時代の経験は、『モッキンポット師の後始末』に(かなりフィクションが交えられているが)小説化されている。

[4]前ページ
(1.1.幼少時代)
[6]次ページ
(1.3.放送作家・劇作家)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/22 23:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/24 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位唐田えりか
 5位宍戸錠
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant