遺体 明日への十日間
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
遺体 明日への十日間』(いたい あすへのとおかかん)は、2013年2月23日に公開された日本映画である。
ジャーナリスト石井光太が、2011年3月11日に発生した東日本大震災から十日間、岩手県釜石市遺体安置所で、石井本人が見てきた報道では伝えきれていない現状を、ありのままを綴ったルポルタージュ『遺体 震災、津波の果てに』を実写映像化した作品。作品の収益金は被災地に寄付される予定である[1]
目次
1.あらすじ
2.登場人物
3.スタッフ
4.封切り
5.出典
6.外部リンク
出典:Wikipedia
2018/07/14 23:32
ソ人気記事ランキング
2019/12/09 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant