意識のハード・プロブレム
▼人気記事ランキング
6.脚注
  1. ^ Chalmers, David J. (1995) "Facing Up to the Problem of Consciousness(PDF)". Journal of Consciousness Studies 2(3):pp. 200-219.
  2. ^ この節の最後は、具体的には次のようにして終えられている。『閣下、わたしは、不用意に広大な海に乗りだしてしまって、港に帰還できなくなりたくはありません。また、一つの疑問を解こうとして、100の疑問を生じさせるような種子をまきたくありません。わたしは、岸から離れるようになることを恐れます。ですから、わたしは、このことは、もっと別の部分のよい機会にゆずろうと思います』『偽金鑑識官』 pp.364-365 より
  3. ^ 『偽金鑑識官』 p.365 の訳注より
  4. ^ SEPにあるジョン・ロックの記事より "Locke knew all of these men and their work. Locke, Boyle and Newton were all founding or early members of the English Royal Society. It is from Boyle that Locke learned about atomism (or the corpuscular hypothesis) and it is from Boyle's book The Origin of Forms and Qualities that Locke took the language of primary and secondary qualities. " Uzgalis, William, "John Locke", The Stanford Encyclopedia of Philosophy (Winter 2010 Edition), Edward N. Zalta (ed.), URL = http://plato.stanford.edu/archives/win2010/entries/locke/.
  5. ^ Schnaiter David, Kofler Walter (2008) "The Ignorabimus-Paradigm and Its Relevance for Contemporary Science" Electronic periodical “Herald of the International Academy of Sciences. Russian Section”, Issue #1: 59?64(オンライン・ペーパー)
  6. ^ 三浦俊彦 「「意識の超難問」の論理分析(PDF)」 科学哲学, Vol. 35 (2002) No. 2 pp.69-81
  7. ^ 榛葉 豊 「多世界論と「わたくし」の謎(PDF)」 最終閲覧日 2011年3月21日
  8. ^ Roberts, Tim S "The even harder problem of consciousness(PDF)", NeuroQuantology, vol. 5, no. 2, (2007) pp. 214-221.
  9. ^ Ned Block "The Harder Problem of Consciousness(PDF)" The Journal of Philosophy,. XCIX, 8, (2002) pp.391-425.
[4]前ページ
(5.意識の超難問)
[6]次ページ
(7.参考文献)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/10/29 20:30
ソ人気記事ランキング
2019/07/21 更新
 1位日本
 2位京都アニメーション放火事件
 3位京都アニメーション
 4位宮迫博之
 5位しみけん (AV男優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant