サービス終了のお知らせ
伊予灘ものがたり
▼人気記事ランキング
概要
国鉄キハ40系気動車 (2代) > 伊予灘ものがたり 伊予灘ものがたり(いよなだものがたり)[1]は、四国旅客鉄道(JR四国)が松山駅 - 伊予大洲駅八幡浜駅間を予讃線(愛ある伊予灘線)経由で2014年より運行している観光列車である。

概要[編集]

四国初の本格的な観光列車であり[2]、2014年7月26日より運行が開始されている[3]。運行に先立ち、伊予灘ものがたりが走る予讃線の伊予市駅 - 伊予大洲駅間の伊予灘沿い区間(伊予長浜駅経由)は、2014年3月15日に愛称が「愛ある伊予灘線」となった[4]

コンセプトはレトロモダンで、伊予灘をはじめとした美しい景観、アテンダントや地元住民によるおもてなし、地元食材を使用した供食サービスなどが楽しめるようになっている[2][5]

これらの特色で利用客から高い評価を得ており、日本経済新聞調べ(2015年8月)のおすすめの観光列車ベスト10で第1位となっている[6]。乗車率は平均85%程度[7]で全国の観光列車の中でも高い[8]

運行状況[編集]

金土日・祝日に松山駅・伊予大洲駅間1往復と、松山駅・八幡浜駅間1往復ずつとなっており、運行ごとに以下の別称(ものがたりの名称)が付けられている[9][10]。「大洲編」「双海編」「八幡浜編」では地元の食材等による供食サービス、「道後編」ではアフタヌーンティーのサービスが事前予約制で実施されている[9][11]。2016年度の運行計画では、利用者の要望に基づき、下灘駅での停車時間を従来より延長することとなった[12]

全席がグリーン車指定席の扱いであり、利用には乗車区間の運賃と普通列車グリーン料金が必要。食事のサービスを受ける場合はこれに加えて食事予約券が必要であるほか、運転区間の全区間を乗車しなければならない。食事予約券はJR四国以外では東日本旅客鉄道(JR東日本)・西日本旅客鉄道(JR西日本)[13]九州旅客鉄道(JR九州)管内のみどりの窓口で発売する。供食サービスの関係で、本列車についてはペットの持ち込みは禁止されている。

「大洲編」(伊予大洲行・下り)
「双海編」(伊予大洲発・上り)
「八幡浜編」(八幡浜行・下り)
「道後編」(八幡浜発・上り)

停車駅[編集]

松山駅 - 下灘駅[運転停車] - 伊予大洲駅( - 八幡浜駅)
2017年3月4日のダイヤ改正から、下灘駅での客扱い乗降が見直されたが、従来どおりホーム上での記念撮影等は可能[14]

双海編では伊予上灘駅運転停車時にホームで特産品の販売を行っている。

使用車両[編集]

松山運転所所属のキハ47形を専用車改造[15]した2両編成が使用される(計50席)[16]。1号車「茜の章」は伊予灘の夕焼けをイメージした茜色、2号車「黄金の章」は愛媛の柑橘類と太陽をイメージした黄金色に塗装されている。車内のどの席でも伊予灘の景色を楽しめるよう、山側の座席は一段高くなっている[2]。なおこの車両は同社の社員がデザインした[17]

1号車(八幡浜方):キロ47 1401(←キハ47 501)
2号車(松山方):キロ47 1402(←キハ47 1501)
改造種車のキハ47形2両はいずれも2011年3月31日付で廃車され[18]、解体されずに残されていた。2014年7月1日付で復籍している。

BGMや警笛(ミュージックホーン)、チャイムは松山出身の音楽家、向井浩二が作曲したものを使用している[19]。また、松山のアマチュアシンガーソングライターによりテーマソング「伊予灘ものがたりの歌」が作成されており、松山駅や車内で使用されている[20]

脚注[編集]

関連項目[編集]

四国まんなか千年ものがたり - 当列車に続くJR四国の観光クルーズ列車。
他の鉄道事業者における類似の観光クルーズ列車
TOHOKU EMOTION
おれんじ食堂
JRKYUSHU SWEET TRAIN「或る列車」
これらは発想は共通しているが、販売形態が「きっぷ」(乗車券と料金券)ではなく「旅行商品」である(従って団体専用列車となる)ことが「伊予灘ものがたり」との根本的な違いである(ただし、「おれんじ食堂」は食事を伴わなければ通常の乗車券・指定券で利用可能)。

外部リンク[編集]

公式ウェブサイト
伊予灘ものがたり - Facebook
出典:Wikipedia
2020/02/23 20:37
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant