闇サイト殺人事件
婚活|恋愛占い|おひつじ座
勝った翌日ポイントアップ!
楽天イーグルス&ヴィッセル神戸応援企画
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
1.概要
1.1.死刑囚・受刑者
殺害実行犯の男3人は3人はいずれも犯行当時金に困っており、金目当ての犯行だった[12]。3人は互いに虚勢を張ったり、虚実ない交ぜの過去の犯罪を自慢し合ったりしていた[13][14][15]
死刑囚K
犯行当時36歳、愛知県豊明市在住の『朝日新聞新聞拡張員[16]群馬県出身で幼少期に両親が離婚して親類宅を転々とし、成人後に愛知県で定職に就いた一方で、闇サイトで違法に収入も得ており、事件当時は詐欺などの罪で受けた有罪判決の執行猶予期間中だった[4]。勤務先の新聞販売店によれば、出来高払いで『朝日新聞』の勧誘をしていたが、休みがちで支払われる給料も低く、また事件数日前からは「仕事中に足をくじいた」と欠勤していた[12]。A・C両名に対しては「過去に2人殺したことがある。(出身地の)群馬県に2人の遺体を埋めた。人を殺すのは平気だ。ゴキブリを叩き殺すのと同じだ」と語っていた[13]
2009年(平成21年)3月18日、第一審・名古屋地方裁判所で死刑判決を受け、即日名古屋高等裁判所控訴したが[2]、同年4月13日に自ら控訴を取り下げ、死刑が確定した[3]2015年(平成27年)6月25日、法務省上川陽子法務大臣)の死刑執行命令により、名古屋拘置所で死刑が執行された(没年44歳)[4][5]
受刑者A
犯行当時40歳、本籍愛知県津島市の無職[16]。7月に派遣会社を辞めてからホームレス状態で、使われた車の中で寝泊まりすることもあり[17]、殺害場所の愛西市内で勤務していたこともあった[12]。K・C両名に対し、「地元の石川県では詐欺や恐喝で名が知られていた」「出会い系サイトで知り合った女性を強姦し、それをネタに50万円脅した」などと語っていた[13]。犯行翌日に「死刑になりたくないから」と自首し逮捕され、他の2人も逮捕されるきっかけとなった[16][18]
共犯2人とともに死刑が求刑されたが[1]、2009年の第一審・名古屋地裁では無期懲役判決を受けた[2]。自らは有期懲役刑を[19]、検察側も死刑を求めてそれぞれ控訴したが[20]、2011年4月12日の控訴審・名古屋高裁で双方とも棄却され[6]、その後双方とも上告せず確定した[21]。現在は無期懲役刑により服役中。
受刑者・被告人C
犯行当時32歳、本事件での逮捕当時は名古屋市東区在住の無職[16]。本事件以前に碧南市パチンコ店長夫婦殺害事件[22]など2つの強盗殺人・同未遂事件を起こし逃亡中だった。AとはKが加わる以前の8月上旬から闇サイトで金目当ての犯罪仲間を募集する書き込みをきっかけに連絡を取り合っていた[23]。事件当時、東区内のマンションで女性と同居していたが、同居女性によれば警察に出頭を求められる直前まで一緒にいたものの「変わった様子はなかった」といい、同居女性曰く以前は仕事をしていたという[12]。実際、後の碧南事件の裁判では当時の仕事仲間らとともに犯行に及んだことが明らかになっている。Aに対し「親族(父と兄)が暴力団員だ。兄は強盗殺人を起こし、無期懲役で服役している。自分も傷害事件で懲役2年執行猶予3年である」と話しており[17][14][24]、また後に発覚する碧南事件については沈黙していたが[14]、この言葉が碧南事件のことを指すのかは不明ではあるものの「自分も一線を越えたことがある」とも話していた[24]
2009年の第一審・名古屋地裁ではK同様に死刑判決を受けたが[2]、死刑回避を求めて控訴した[19]。2011年の控訴審・名古屋高裁判決で第一審の死刑判決が破棄され、無期懲役判決を受けた[21]。その後、最高裁判所第二小法廷にて2012年(平成24年)7月11日付で検察側の上告棄却決定がなされ、本事件については無期懲役判決が確定した[7]
その後は無期懲役刑により服役中だったが、最高裁判決からわずか1か月後の8月3日、碧南市パチンコ店長夫婦殺害事件の容疑者として、同事件の共犯2人とともに再逮捕され[8]、同月24日に強盗殺人容疑で起訴された[25]。翌2013年1月にはさらに、2006年に起こした別の強盗殺人未遂事件でも逮捕され[26]、翌2月に強盗殺人未遂容疑で追起訴された[27]。これらの事件の刑事裁判では第一審・名古屋地裁(裁判員裁判、2015年12月15日)で死刑判決を受け[9]、名古屋高裁に控訴するも2016年11月8日に控訴棄却され[10]、2017年時点では最高裁に上告中である[11]
現時点では被告人であると同時に、本事件における無期懲役刑の受刑者として服役中でもあるが、今後最高裁で上告が棄却されるか、自ら上告を取り下げた場合は死刑が確定し、無期懲役刑の執行は検察官の「刑執行取止指揮書」の指揮により停止される[28][25]。その場合、懲役刑の受刑者に科されていた労役作業はなくなるが、死刑囚として面会や手紙のやり取りの相手は親族などに制限され、拘置所独房で死刑執行を待つこととなる[28]
愛内里菜|無料占い|無料ゲーム
相性占い|結婚|運命の赤い糸
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
[6]次ページ
(1.2.犯行まで)

3. 『中日新聞』2009年4月15日朝刊1面「K被告の死刑確定へ 千種拉致殺害 控訴を取り下げ」
5. “法務大臣臨時記者会見の概要”. 法務省上川陽子法務大臣) (2015年6月25日). 2017年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月13日閲覧。
7. 『中日新聞』2012年7月14日朝刊31面「闇サイト殺人 C被告無期確定へ 最高裁 『関与に差』高裁支持 母遺影に報告できず」
9. 中日新聞』2015年12月16日朝刊1面 「夫婦強殺 C被告に死刑 妻殺害 共謀を認定 碧南の事件 裁判員判決」
11. 『中日新聞』2016年11月10日朝刊31面「死刑のC被告、最高裁に上告 碧南強殺」
13. 大崎、2016 p.207-211
14. 『朝日新聞』2012年8月5日朝刊名古屋版37面「犯行、仕事独立の翌年か 碧南夫婦殺害、C容疑者」
15. 『中日新聞』2009年3月19日朝刊30面「ニュース前線 千種拉致殺害 闇の接点きずな裂く 下された極刑重い警告」
16. 中日新聞』2007年8月27日朝刊1面「路上で女性拉致殺害 第2の犯行も計画 闇サイトで知り合う 男3人を逮捕 遺棄容疑で愛知県警 強殺でも追及」同日25面「素性知らぬ『仲間』共謀 拉致強殺逮捕の3人 「弱い女性」狙う 身勝手、死刑恐れ自首」
17. 大崎、2016 p.202-203
18. “【死刑制度廃止論】闇サイト殺人遺族の△△(被害者女性の母親の実名)さん基調講演詳報 「被害者が1人でも、私にとってはかけがえのない大切な娘」 残忍な殺害状況も子細に…”. 産経新聞 (産経新聞社). (2016年12月18日). オリジナルの2017年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170619112630/http://www.sankei.com/affairs/news/161218/afr1612180005-n1.html 2017年6月19日閲覧。 
19. 『中日新聞』2009年3月25日朝刊32面「2被告の弁護側控訴」
20. 『中日新聞』2009年3月28日朝刊38面「検察側も控訴」
21. 『中日新聞』2011年4月23日朝刊35面「闇サイト殺人1人上告 名高検 自首踏まえ1人断念」
22. この項目ではCについては「A」と表記されている。
23. 『中日新聞』2008年9月26日朝刊28面「千種拉致殺害 冒頭陳述要旨」
24. 『中日新聞』2012年8月5日朝刊35面「碧南夫婦強殺『金持っている人狙う』パチンコ関係者 C容疑者ら把握」「『事件後帰郷無口に』Y容疑者(碧南事件でのCの共犯のひとり)の両親話す 闇サイト事件当初パチンコ店狙う C容疑者『一線越えたことある』」
25. 『中日新聞』2012年8月25日朝刊社会面33面「碧南夫婦強殺 3人起訴」
26. 『中日新聞』2013年1月16日夕刊社会面15面「闇サイト C容疑者再逮捕 06年、守山の強殺未遂 愛知県警」
27. 『中日新聞』2013年2月7日朝刊社会面31面「名古屋の強盗でも起訴 闇サイト事件、C被告ら」
28. 年報・死刊廃止編集委員会 『死刑と憲法 年報・死刑廃止2016』 インパクト出版会2016年10月10日、194-195頁。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/10/09 21:32
転職|フレッツ光|夢占い
賃貸|運命の人|がん保険
ソ人気記事ランキング
2017/10/24 更新
 1位徳島ラジオ商殺し事件
 2位北九州監禁殺人事件
 3位10月23日
 4位宇都宮市連続爆発事件
 5位青木歌音
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant