サービス終了のお知らせ
安平大君
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
安平大君(あんへいだいくん、アンピョンデグン、: ????永楽16年9月19日1418年10月18日) - 景泰4年10月18日1453年11月18日))は、李氏朝鮮前期の王族書家。姓・李 k(り よう、イ・ヨン)、C之(せいし、チョンジ)、匪懈堂(ひかいどう、ピヘダン)、琅?居士(ろううこじ、ナンウゴサ)、梅竹軒(ばいちくけん、メジュゴン)。第4代国王世宗の第3王子で第5代国王文宗、および第7代国王世祖の弟である。
3歳で叔父誠寧大君朝鮮語版の養子となり[1]、1428年、10歳の時大匡輔国 安平大君(だいきょうほこく あんへいだいくん、テグァンボグク アンピョンデグン)に封じられた[2]。1453年、金宗瑞、皇甫仁朝鮮語版らと共に首陽大君(のちの世祖)からの蜂起を受け、江華島に流刑になった後賜死された(癸酉靖難)。六宗英朝鮮語版のひとり。
目次
1.生涯
└1.1.癸酉靖難と死
2.書家として
3.家族
4.脚注
5.文献
出典:Wikipedia
2019/12/22 01:02
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant