安井春知
がん保険|愛内里菜|てんびん座
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
概要
安井 春知(やすい しゅんち、承応2年(1653年) - 元禄2年3月27日1689年5月16日))は、江戸時代囲碁棋士紀州生まれ、家元安井家の二世安井算知の弟、実子とも言われる。俊知とも書く。上手(七段)。御城碁に7局の出仕がある。
『御城碁譜』などでは、算知の弟または実子と書かれており、安井家過去帳では「一度算知養子となる」と記されている。また21歳で部屋住み、家督無し、ともある。延宝2年(1674年)に御城碁に初出仕し、井上道砂因碩に向先で1目負け。御城碁出仕したのは、安井家跡目に擬されていたためという推測もある。延宝6年(1678年)の本因坊道策の碁所就任時には、算哲、知哲と並んで上手(七段)並の手合とされた。天和3年(1683年)の御城碁での道策との二子局で1目勝した碁が、道策の一生の傑作として知られている。道策自身の評に「春知は当代の逸物にして古人に恥ぢず、また古来も稀なるべし。而してこの対局に於いて春知の手談毎着妙ならざるはなし。」とある。また本因坊道的の御城碁での唯一の敗局も、貞享3年(1686年)の春知との碁(春知先番)となっている。元禄2年(1689年)行年37歳で没。

[編集] 御城碁成績

延宝2年(1674年) 白番1目負 井上道砂因碩
延宝7年(1679年) 白番3目負 井上道砂因碩
天和2年(1682年) 先番7目勝 井上道砂因碩
天和3年(1683年) 二子1目勝 本因坊道策
貞享元年(1684年) 白番7目負 本因坊道的
貞享2年(1685年) 先番3目負 本因坊道的
貞享3年(1686年) 先番5目勝 本因坊道的

[編集] 参考文献

安藤如意、渡辺英夫『坐隠談叢』新樹社 1955年
林元美著・林裕校注『爛柯堂棋話』平凡社 1978年

[編集] 外部リンク

木石庵「安井春知」
奇譜子「安井春知」
前世占い|資格|恋愛占い
しし座|転職|手相
ネットでお得にコンタクトレンズ購入
コンタクトレンズ・ケア用品豊富な取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
出典:Wikipedia
2012/10/19 00:08
脱毛|賃貸|相性占い
おひつじ座|金融|運命の赤い糸
ソ人気記事ランキング
2017/07/23 更新
 1位ぼくらの勇気 未満都市
 2位大山のぶ代
 3位黒革の手帖
 4位オーロラ銃乱射事件
 5位二千円紙幣
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant