ミッジ・ユーロ
▼人気記事ランキング
1.来歴
1.2.サルヴェイションからスリック
1972年、ケビンとジムのマッギンリー兄弟を中心とするサルヴェイションにギタリストとして加入する。この時、ユーロは本名のジェイムズ・ユーロの愛称ジム・ユーロを名乗っており、ジム・マッギンリーの「同じバンドに二人のジムがいることは混乱を招く」という理由で、"ジム"のバックワードである"ミッジ"(チビの意)と呼ばれるようになる[3] 。これ以降ユーロはミッジ・ユーロをその芸名とする。

1974年、ボーカルのケビン・マッギンリーがソロ活動のため脱退し、バンド名をスリックに改名。ユーロがボーカルも取るようになる。ベイ・シティ・ローラーズのプロデューサーチーム、ビル・マーティンとフィル・コウルターの後押しのもと[4]、セカンドシングル「フォーエヴァー・アンド・エヴァー」が全英1位となり、続いて「レクイエム」、「俺はパンク・ボーイ」とヒットを放ち、ユーロはアイドル・グループのフロントマンとして人気を得る。1975年、セックス・ピストルズの前身バンド・スワンカーズからウォーリー・ナイチンゲールが脱退した際に加入を誘われるが、スリックとの契約の関係から断り、スワンカーズにはジョニー・ロットンが加入し、セックス・ピストルズとしてデビューすることになる。

[4]前ページ
(1.1.生い立ち)
[6]次ページ
(1.3.リッチ・キッズからニューロマンティック)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/04/13 21:32
ソ人気記事ランキング
2019/12/08 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant