サービス終了のお知らせ
ミッキーマウス
▼人気記事ランキング
概要
ミッキーマウス (Mickey Mouse) は、ウォルト・ディズニーアブ・アイワークスが生み出し、1928年(昭和3年)11月18日にスクリーンデビューしたアメリカ文化シンボルキャラクター。もともとは「モーティマーマウス」と名をつけるつもりだった。

背景[編集]

1927年、ニューヨークの映画プロデューサーで配給業者でもあるユニバーサル・スタジオのチャールズ・ミンツ(Charles Mintz)が『オズワルド・ザ・ラッキー・ラビット』の制作をウォルト・ディズニーへ指示する。オズワルドがミンツの手によってユニバーサルで配給され、成功を収めたためディズニー側は製作費の値上げを求めたが、この要求は拒否され、またキャラクターの所有権がユニバーサル側にあると突きつけられる。交渉は決裂し、ディズニーは契約更新を拒否され、さらにミンツによる従業員引き抜き工作が起こり、ウォルトとアブはオズワルドに関する全ての権利に加えて、有能なアニメーターを手離すこととなった。
ウォルト・ディズニーアブ・アイワークスウィルフレッド・ジャクソンは『オズワルド』の製作を継続しながら別作品の企画を余儀なくされる。この企画でミッキーマウスが生まれた。

「ウォルトは飼いならしたネズミをよく研究し、彼が醜いと思っていた耳・口・足などを大きくしポイントを付け1927年にミッキーマウスを考案した」という一般に知られるエピソードは架空の話である。そもそもウォルトはプロデューサーであり、アニメーターではない。

アブ・アイワークスはミッキーを奪ったとしだいに共同経営者のウォルトを憎むようになり、ディズニーと決別し自身のスタジオを持つに至る。

ウォルトは元々ミッキーをモーティマーと名付けるつもりだったが、妻リリアンの一声で現在の名前になった。その代わりにミッキーの恋のライバルであり、ミニーマウスの幼なじみとして、モーティマー・マウスが登場する。恋人はミニーマウス。愛犬はプルート。甥っ子にモーティーとフェルディーがいる。

変革[編集]

実際の第1作はチャールズ・リンドバーグに因むヒット作『フィリックスのノンストップ飛行』のパロディ『プレーン・クレイジー(飛行機狂)』である。第2作は『ギャロッピング・ガウチョ』。どちらもサイレントで配給ルートも得られずまったく相手にされなかった。1928年11月18日、第3作アニメーション映画『蒸気船ウィリー』がトーキー[注 1]で成功。当時ウォルトが声優を務めていた。その後映画はシリーズ化されミッキーは一躍人気キャラクターとなった[注 2][注 3][注 4]

1939年、「ミッキーの猟は楽し」以降キャラクターデザインが変更された。それまでは黒目がちであったが、この変更により白目が付いており、黒目が小さくなった。また、眉毛も無かったが、表情が付けにくいため、眉毛が付いた。

プロフィール[編集]

Mickey Mouse(ミッキーマウス)
また、アメリカなどでよく呼ばれているあだ名は「Mick」(ミック)
各国で呼び名は異なり、 中国では「米老鼠」(m?l?osh?:ミィラオシュウ)、または「米奇」(m?q?:ミィチィ、マイケイ)
イタリアでは(Topolino:トポリーノ)
スペインでは(Rat?n Miguelito:ラトン・ミゲリート)
フィンランドでは(Mikki Hiiri:ミッキ・ヒーリ)
インドネシアでは(Miki Tikus:ミッキ・ティクス)etc…
アメリカ合衆国 (しかし、東京ディズニーリゾート「ボン・ヴォヤージュ」前のプロフィールには、「citizen of the world」と書かれており、具体的国名は書かれていない)
生年月日
1928年11月18日、日曜日、ニューヨーク出身
ニューヨークのコロニー劇場にて、上映の目次の1番目でもあるデビュー作『蒸気船ウィリー』(Steamboat Willie) の公開日でもある。しかし、その前の同じく1928年に『飛行機狂』(Plane Crazy) と『ギャロッピン・ガウチョ』(The Gallopin' Gaucho) という作品にも出演しているため、ミッキーにとっては3作品目でもある。
年齢
設定ではティーンエイジャー
種類
白ハツカネズミ[注 5]
身長
3フィート2インチ(約96.5cm)
ミッキーを長年描き続け、ミッキーの目を白目と黒目にしようと考えたウォード・キンボールによると、ミッキーは90cmぐらいだという。また、ドイツのディズニー公式サイトでは109cmとされている。
体重
23ポンド(約10.4kg)
性格
正義感が強くシャイでいたずらっコなところもあるが、礼儀正しくジェントルマン。とても陽気。好奇心旺盛で楽しいこと好き。しっかりものだが金銭にはルーズな所が見られ、ハウス・オブ・マウス ではミニーから預かったクラブの建物の家賃をチーズに使ってしまっている。短編作品で道に落ちていた大金をネコババしてミニーへのプレゼントを買っている。
口癖
"Oh,boy!", "Ha-ha", "Gosh", "Swell","Aw-Gee", "Uh-Oh!" など 基本的に声が高い また、別れの挨拶の時には "See ya real soon!" とよく言っている。

映画俳優、テーマパークホスト、ナイトジャズクラブオーナー(カートゥーンにて)、チャリティー、etc…
資格
パイロット、ハンティング、船のキャプテン、乗用車、作業用車、大型トラックなど。そしてディズニーパークの消防隊長も務めている。
趣味
スポーツ、カントリーライフ、読書。
愛車
赤いレトロな車→(赤いスポーツカー
ある日古いレトロな車に嫌気がさし売りに行き、新車のスポーツカーを手に入れた。しかし多彩な機能に振り回され、結局以前の車を買い取りにいこうとしたら売却されていた。実はその車を買ったのはミニーだったのである(「ミッキーのギャグファクトリー」に収録)。
住んでいる場所
アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスアナハイムトゥーンタウン、ホットドッグヒルズ(『ミッキーマウスとロードレーサーズ』)
(以前はマウストンに住んでいたようだが、ミニーがトゥーンタウンに引っ越すというので彼もすぐミニーの隣に家を建てたという。今もトゥーンタウンに住んでいる。トゥーンタウンはもともと「ロジャーラビット」という映画の舞台である。)
家族
両親はいる。甥にモーティーとフェルディー、そして2人の姉妹がいる。
ペット
名前の由来は、デビュー当時1930年に発見された「冥王星」からとった。種類はブラットハウンドで、主人に忠実。ペットとは考えず親友として接している。 リスや動物と遊ぶ、ボール遊び。
家族
ブッチ(兄弟の名前)
仕事
新聞受けから新聞を取ってきてミッキーに渡すこと。狩りのお供。 グーフィードナルド・ダックミニーマウスデイジーダックヒューイ・デューイ・ルーイチップ&デールクラリスマックスクララベル・カウホーレス・ホースカラーギデオン・ゴートピーター・ピグパディー・ピグクララ・クラックなど。
ガールフレンド
ミニーマウス
ミッキーと生年月日が同じ(ミッキーはミニーのことを“My Sweet Heart”や“My CherryPie”とも呼ぶ)。
ライバル
ピートモーティマー・マウス
モーティマーとよくミニーの取り合いになる。
知り合いの著名人
国連事務総長(アナン)、国王、大統領、俳優、歌手、アスリート、など様々。
愛読書
チーズと平和、マイ・フェア・マウス、全ネズミカタログ、トゥーンタウンの歴史(哲学的な本も読む)
Featured Magazines
Time, Newsweek, Life, National Geographic, Good Housekeeping
取っている新聞
TOON Repoter
料理の腕
日本やアメリカなどにもある「Chef Mickey」というブッフェスタイルのレストランのシェフを務めている。一人暮らしなので料理はできる。パンにハム、チーズ、レタスなどの具を1m近く重ねたサンドウィッチが得意。
好きな色
赤、黄色(緑はあまり好きでないらしい)。モノクロ時代、ウォルトは緑色のパンツを考えたという逸話がある。
好きな食べ物
チーズ
得意なスポーツ
アメフト、馬術、(中でも)ダンス
得意な楽器
ギター、ドラム、(一番愛しているのは)ピアノ
5周年から始まり現在もディズニーシーにて上演中のビッグバンドビートではドラムさばきを、2007年度ディズニーハロウィンのホーンテッドロッキンストリートでは、ギターソロを披露。稀にアドリブで「星に願いを」や「ミッキーマウス・マーチ」を入れていた。ミニーはデジパッド(サンプリングデジタルドラム)をシンバルつきで披露。

耳の形を整えるため耳にのり(ワックス?)付けしているらしい[2]。ミッキーは耳の中まで脳みそがつまっている[3]

その他[編集]

1978年、ミッキーマウスは架空のキャラクターとして初めて、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにその名前の刻まれた星形のプレートを設置された[4]。そこには、ウォルト・ディズニー白雪姫ミニーマウスドナルドダックディズニーランド50th記念などのスタープレートもある。50th記念のものには特別に普通のスタープレートにはない、お城のメダルが埋め込まれている。

代表的な出演映画[編集]

1928年モノクロ作品。ディズニー初のトーキーアニメーション映画。3番目に製作されたミッキーマウス作品。最初に公開されたので、ミッキーマウスのデビュー作とされており、公開日である1928年11月18日がミッキーの誕生日とされてきたが、最近ではこれを単に「スクリーンデビューの日」とし、誕生日とは呼ばないことがある。
日本国内では基本的に11月18日がミッキー&ミニーの誕生日とされており、その認知度も高い。ディズニーモバイルサイトでは11月18日を誕生日として、それにちなんだイベントを2007年度も行っている。
ファンタジア
1940年に公開された。いくつかの短いアニメがクラシックの音楽に合わせ進行する。ミッキーは3番目の曲目「魔法使いの弟子」に出演する。
ミッキーの大演奏会
1935年に公開された。ミッキーマウスシリーズ初のカラー作品である。ミッキーが「」という曲を演奏して本当に嵐が来た。ミッキーたちはそれでも演奏していた。
ミッキーのミニー救出大作戦
2013年に公開された3D作品。ミッキーの声は、アーカイブから抽出した生前のウォルトの声を用いている。

著作権・商標権[編集]

ディズニーはオズワルドの版権をユニバーサルに奪われた経験を受け、それ以降知的財産権と他者からの侵害行為に厳しくなり、特に筆頭キャラクターとしてミッキーマウスの著作権は厳正に管理されている。

アメリカ合衆国の著作権法は“(皮肉の意味を込め)ミッキーマウス保護法”とも呼ばれており、そのような体制を批判する団体や企業もあるが、「ミッキーマウス」および他の「キャラクター名」や「作品名」も含め一律に「商標」として保護され、半永久的に保持できるため、たとえ著作権が切れたとしても(その他の知的財産権が残るため)、無断で商標権に抵触するような使い方を禁じている。なお、商標権の侵害となるのは商品の目印となる使い方であり、たとえば商用目的であろうと著作物の題号については商標権が行使できないため[5]、ミッキーマウスを題号に含んだ作品の販売は商標権の侵害にはあたらず自由である。また作中でのミッキーマウスの登場など商品の識別にならないような使い方ならば商標権の侵害になることはない。商標権があるから、商用目的で一切使えないというのは誤解である[6]

著作権は国ごとに保護期間が違うため、日本では1953年以前の映画で団体名義の場合著作権が有効なのは公表後50年である(なお、アメリカの戦前作品は戦時加算により約10年延長されている)。ミッキーマウスが初登場した「蒸気船ウィリー」は保護期間が1989年の前後に終わっていると推定される[6]。日本では実際に「ファンタジア」「ダンボ」などをアプロック社がパッケージに「パブリック・ドメイン」と明記した上で販売。ディズニー社は「法令遵守で厳正」なことが評価されているため、各国のコンプライアンスに重点を置いており、アプロック社がパッケージにする際も「ディズニー映画を出しているブエナビスタ社に事前に『出す』旨を宣言した。『やめてくれ』と言われなかった」と証言している。

ウォルト・ディズニー・ジャパン社は「著作権に関する方針や見解は公表しない」との方針を採っており、自社のウェブサイトでもキャラクターや作品に対する知的財産権の方針を明確にしていない[7]

声優[編集]

初代:ウォルト・ディズニー1928年 - 1947年2013年[9]
2代目:ジム・マクドナルド1947年 - 1977年
3代目:ウェイン・オルウィン1977年 - 2009年[注 6]
4代目:ブレット・イワン英語版2009年 - 現在)
5代目:クリス・ディアマントポロス2013年 - 現在)[注 7]
日本語吹き替え声優
氏名不詳の男性教授 (1950年代のテレビ番組)[注 8]
榊原郁恵 (1979年) - テレビ番組『ミッキーマウス50周年スペシャル』『ミッキーマウス大会』TBS
太田淑子 (1981年) - 『ファン・アンド・ファンシー・フリーTBS[注 9]
後藤真寿美 (1984年 - 1988年) - ポニー版・バンダイ版(廃盤)
土井美加 (1984年 - 1988年) - ポニー版・バンダイ版の一部(廃盤)
山田栄子 (1984年 - 1985年) - 日本テレビミッキーマウスとドナルドダック
田中秀幸 (1980年代後半の東京ディズニーランドのパレード、ショー)[注 10]
納谷六朗 (1989年 - 1991年) - BVHE版初代[注 11]
青柳隆志 (1991年 - 2018年[注 12]) - BVHE版2代目
星野貴紀 (2018年 - ) - BVHE版3代目[注 13]

日本での歴史[編集]

日本にミッキーマウスが紹介されたのは「蒸気船ウィリー」が公開された翌年の1929年のことで阪和電気鉄道(現在のJR西日本阪和線)が1935年頃に発行した「天恵の楽園」砂川遊園[注 14]のパンフレットのキャラクターに用いられていた。日本オリジナルのミッキーマウス関連の楽曲として、1934年には「ミッキー・マウスの結婚」(作詞:佐伯孝夫 作曲:加藤しのぶ 歌:平井英子 & 藤山一郎)、1935年頃には「ミッキーマウス」(歌:望月誠)などが発表された。年だった1936年には、ミッキーマウスを描いた年賀状などの葉書が見受けられており[10]、都市部ではかなり知名度が高かったと思われる(その後子年にちなんで2008年の年賀はがきにミニーマウスと共にデザインとして印刷された)。また、この年の元旦大阪朝日新聞にはミッキーマウスが描かれた味の素の新聞広告が掲載された。慶應義塾大学の旧マスコットキャラクターであった。[11]

1983年東京ディズニーランドが開業する以前は、日本でのディズニーキャラクターの人気はミッキーマウスよりバンビピノキオのほうが上だった[12]。1988年京葉線一部開業(第二期)の式典にゲストとして招かれた。1997年秋田新幹線開業の時にはミニーマウスも連れて式典に来た。

日本のディズニー・チャンネルはミッキーマウスの誕生日にあわせて2003年11月18日に本放送を開始した。

ヴェルサイユ宮殿の庭園を上空から見ると庭園がミッキーマウスの顔の形に見える。日本で衛星写真の映像を見た人の指摘で判明した[13]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目 [編集]

ウォルト・ディズニー
ミニーマウス
蒸気船ウィリー

外部リンク[編集]

ミッキーマウス - ディズニー
出典:Wikipedia
2020/03/21 16:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant