ミッチェル報告書
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
プロ野球コミッショナー宛て独立調査報告:メジャーリーグ選手によるステロイド及びその他の運動能力向上薬物の違法使用に関して(Report to the Commissioner of Baseball of an Independent Investigation into the Illegal Use of Steroids and Other Performance Enhancing Substances by Players in Major League Baseball)は、元アメリカ合衆国上院議員ジョージ・J・ミッチェルによるメジャーリーグベースボール(MLB)における運動能力向上薬物使用の実態調査報告書であり、薬物スキャンダルに発展した。一般には報告者の名から「ミッチェル・レポート」(Mitchell Report)と呼ばれる。21ヶ月間に及ぶアナボリックステロイドヒト成長ホルモン(HGH)の使用者の調査は総計409ページにわたる報告書にまとめられ、2007年12月13日に発表された。
報告書では禁止薬物の使用経験があるとされる選手として89名の実名を挙げている。
目次
1.背景
2.報告書の公表
3.報告に対する反応
4.日本球界への波紋
5.脚注
6.関連項目
7.外部リンク
出典:Wikipedia
2017/09/20 10:01
ソ人気記事ランキング
2019/12/08 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant