サービス終了のお知らせ
ミシガン州
▼人気記事ランキング
6.経済
6.1.主な企業など
ミシガン州に本拠地のある企業には以下のようなものがある。

自動車ビッグスリー
フォード・モーター (ディアボーン)
ゼネラルモーターズ (デトロイト)
クライスラーオーバーンヒルズ
アムウェイエイダ
ダウ・ケミカル (ミッドランド)
ドミノ・ピザ (アナーバー)
ボーダーズ (アナーバー)
ケロッグバトルクリーク
クリスマスツリーを育てる農場が60,520エーカー (245 km2) あり、生産高は国内第3位である[42]。飲料のバーナーズは1866年に州内で発明されており、ハイアーズ・ルートビアと共に最古のソフトドリンクとされている。フェイゴは1907年11月4日にデトロイト市に設立された。ピザ・チェーン店の上位4社のうち2社が州内で設立され、本社を置いている。ドミノ・ピザはトム・モナガンが、リトルシーザーズはマイク・イリッチが設立した。

2001年のアメリカ同時多発テロ事件や2000年代初期の不況で年金基金や福利厚生基金に影響が出て、株式市況が変動した後の2009年以降、GM、フォードおよびクライスラーは、その福利厚生基金の構造をかなりの程度に再編することになった[43][44]。3社は全米自動車労働組合との合意により、それぞれの医療保険と福利厚生基金の負債を自発的従業員互恵協会に移管した。州内の製造業は2001年から2006年の間に6.6%成長していたが[45]、2008年の経済危機のときに、投機性の強い石油価格が自動車産業に大きな影響を与えた。2009年、GMとクライスラーは連邦倒産法第11章を申請し、アメリカ合衆国とカナダの政府から財政支援を受けた[46][47]。GMは2010年に新規株式公開を始めた[48]。2010年、自動車ビッグスリーは回復の始まりを示すかなりの利益を計上した[49][50][51][52]

ミシガン州はハイテク産業の雇用数が568,000人と国内第4位であり、これには自動車産業の7万人が含まれている。研究開発投資では常に国内第3位あるいは第4位の位置にある[13]。自動車を含む研究開発費の州内総生産に対する比率は国内どの州よりも高い[53]。工学的職種では重要な雇用源になっている。国内の自動車産業は直接間接に国内雇用数の10分の1に相当している[54]

2008年、新事業を誘致できる候補地調査でミシガン州は第3位になった。これは投下資本や人口100万人当たりの雇用機会創出数で算出している[55]。2009年8月、ミシガン州とデトロイト市の自動車産業は、電気自動車の製造に対してアメリカ合衆国エネルギー省から13億6,000万ドルの融資を受けた。これは直ぐに6,800人の雇用を生み、2020年までに4万人を雇用できると期待されている[56]。2007年から2009年、ミシガン州は新事業の設立と拡張で全米第3位を維持した[57][58]

ミシガン大学、ミシガン州立大学およびウェイン州立大学は、指導的研究機関として、州経済と大学研究コリダーの重要なパートナーになっている。ミシガン州の公立大学は毎年15億ドル以上の研究開発投資を集めている[14]。国立超伝導サイクロトロン研究所がミシガン州立大学内にある。ミシガン州の労働力は教養があり、熟練度が高いので企業にとっては魅力的である。大学工学系卒業者の数は国内第3位である[59]

デトロイト・メトロポリタン空港は、国内でも新しく拡張され近代化された空港であり、滑走路は6本、ボーイング747を整備修理できる大型機保守設備があり、デルタ航空の主要中継点になっている。州内の学校やカレッジは国内でも評価が高い。昔から公共教育には熱心に関わってきた。喫水の深い港が38ある。2007年、バンク・オブ・アメリカは州内トロイ市のラサール銀行買収に続いて、州内のコミュニティ開発に250億ドルを融資すると発表した[60]

2010年には雇用数改善率で国内トップクラスになった[61]

[4]前ページ
(6.経済)
[6]次ページ
(6.2.税)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/30 23:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant