サービス終了のお知らせ
ミェシュコ3世
▼人気記事ランキング
概要
ミェシュコ3世スタルィMieszko III Stary, 1121年? - 1202年3月13日)は、ポーランド大公(在位:1173年 - 1177年、1191年 - 1194年1198年 - 1199年、1202年)。ボレスワフ3世と2度目の王妃サロメ・フォン・ベルク=シェルリンゲンの4男として生まれた。ヴワディスワフ2世の異母弟、ボレスワフ4世の同母弟、ヘンリク、カジミェシュ2世の同母兄。
長命であったことから老公(Stary)と呼ばれた。ヴィエルコポルスカ・ピャスト家の祖。

生涯[編集]

父が国を5分割して息子達に相続させ、クラクフ領を年長の者が治めポーランド大公となると遺言状に定めたことから、ポーランドは分裂の時代にあった。ミェシュコはヴィエルコポルスカ公であった(この地方は彼の子孫によって継承されていく)。
1173年、同母兄ボレスワフ4世の死後ポーランド大公となるが、弟のカジミェシュ2世によってその座を追われ、ヴィエルコポルスカ公位も長男オドンに奪われた。しかし、復位の野望を捨てず、1202年に亡くなるまで4度もクラクフへ舞い戻り、大公位の奪回、廃位を繰り返した。1202年に甥のレシェク1世(カジミェシュ2世の子)から大公位を奪い、4度目の大公になった直後に81歳で死去。末子のヴワディスワフ3世が大公位を継いだ。
オドンはミェシュコ3世に先立って亡くなっていたため、孫のヴワディスワフ・オドニツがヴィエルコポルスカを継いだが、幼少のためヴワディスワフ3世が後見人となった。

子女[編集]

1140年頃、ハンガリーベーラ2世の娘エルジェーベトと結婚。
オドン(1141年? - 1194年)- ヴィエルコポルスカ公
ステファン(1150年 - 1177年?)
ヴィエルチョスワヴァ・ルドミラ(1152年 - 1223年) - ロレーヌフェリー1世妃
ユディト(1154年 - 1201年) - ザクセンベルンハルト3世妃
エルジュビェタ(1154年 - 1209年) - ボヘミアソビェスラフ2世妃、のちラウジッツ辺境伯コンラート2世(ヴェッティン家)妃
1154年頃、キエフ大公エウドクシアイジャスラフ2世の娘)と結婚。
ボレスワフ(1159年 - 1195年)
ミェシュコ(1160年/1165年 - 1193年)
サロメイ(1162年? - 1183年)
アナスタジヤ(1164年 - 1240年) - 1177年にポメラニア公ボグスワフ1世と結婚
ヴワディスワフ3世(1165年? - 1231年)
出典:Wikipedia
2018/01/04 00:31
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant