サービス終了のお知らせ
ミェシュコ1世プロントノギ
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ミェシュコ1世プロントノギポーランド語:Mieszko I Pl?tonogi、1130年頃 - 1211年5月16日)は、シロンスク公(在位:1163年 - 1173年、兄と共同統治)、ラチブシュ公(在位:1173年 - 1211年)、オポーレ公(在位:1202年 - 1211年)、クラクフ公及びポーランド大公(在位:1210年 - 1211年)。ヴワディスワフ2世(亡命公)の次男、母はオーストリア辺境伯レオポルト3世の娘で、ローマ王コンラート3世の異父妹であるアグネス。ボレスワフ1世の弟、コンラトの兄。異称である跛足公(Pl?tonogi)は、14・15世紀の年代記で使われるようになった。
目次
1.生涯
├1.1.ドイツへの亡命
├1.2.ラチブシュ公
├1.3.ビトムとオシフィエンチム
├1.4.モズガヴォンの戦い
├1.5.オポーレ公
└1.6.ポーランド大公
2.子女
出典:Wikipedia
2020/01/02 16:33
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant