ミレニアム (小説)
▼人気記事ランキング
6.登場人物
6.6.第2部・第3部重要人物
フリージャーナリスト。少女売春組織を取材し『ミレニアム』に寄稿と出版を予定していたが、惨殺される。
ミア・ベルイマン
犯罪学、ジェンダー学の博士課程。売春する少女に関する博士論文を執筆したが、惨殺される。 元ボクサー。拐われたミミの後を追い、共にニーダーマンと闘う。実在する元ボクサーでラーソンとの友好により、映画では本人が演じる。
アンデルス・シヴァルナンダン
エルスタヴィーケン・リハビリテーションホームでのパルムグレンの主治医。
アンデルス・ヨナソン
サールグレングレンスカ大学病院外傷科長。リスベットの手術をした。
アレクサンデル・ザラチェンコ、スウェーデン名カール・アクセル・ボディーン
リスベット、ニーダーマンの父親で犯罪組織の黒幕。ソ連の英才教育を受けた元GRUスパイ。
ロナルド・ニーダーマン、金髪の巨人
ザラの息子で、リスベットの異母兄。
[4]前ページ
(6.5.第1部重要人物)
[6]次ページ
(7.重要節句)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/01/25 05:01
ソ人気記事ランキング
2019/08/26 更新
 1位日本
 2位飯田祐基
 3位文京区幼女殺人事件
 4位肥後亨
 5位名古屋小6受験殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant