ミレニアム (小説)
▼人気記事ランキング
6.登場人物
6.2.『ミレニアム』関係者
『ミレニアム』編集長兼共同経営者。母親はスウェーデン人、父親はスウェーデン在住のベルギー人の、上流階級出身者。ミカエルとはジャーナリスト養成学校で出会って以来、断続的に肉体関係を続けている。既婚者だが、ミカエルとの仲は夫も周知の事実。
ジャーナリスト養成学校を出た後、テレビ局に入社し、テレビ映えする容姿を持ち、省庁に知り合いが多く、人脈も広いため、仕事を続けていれば管理職のポストも夢ではなかったはずだが、全てを投げ打ってミカエルと共に『ミレニアム』を創刊した。
クリステル・マルム
『ミレニアム』アートディレクター兼共同経営者。売れっ子カメラマン兼デザイナー。少々露出症の気がある同性愛者(ゲイ)の有名人。
ヤンネ・ダールマン
『ミレニアム』編集補佐。ヴェンネルストレム事件が始まった頃に入社した。第一部で解雇される。
ソニー・マグヌッソン
『ミレニアム』広告営業担当者。60歳。リストラされ失業中だったところをエリカに拾われた。
モニカ・ニルソン
『ミレニアム』記者。37歳。専門は政治だが、他の多くの分野でも敏腕ぶりを発揮する。皮肉屋。
ヘンリー・コルテス
『ミレニアム』見習い記者。24歳。大学でジャーナリズムを学び、卒業後すぐに「『ミレニアム』で働きたい」と訴え、常勤のフリー記者として雇われた。
第二部からは非常勤記者。
マーリン・エリクソン
ダールマンの後任の編集補佐。当初契約社員として雇われ、ヴェンネルストレム告発を通じて正社員に。
ロッタ・カリム
非常勤の記者。
[4]前ページ
(6.1.主要人物)
[6]次ページ
(6.3.ミカエルの周囲の人物)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/01/25 05:01
ソ人気記事ランキング
2019/04/24 更新
 1位日本
 2位上級国民
 3位岡村孝子
 4位4月23日
 5位ルパン三世 ルパンVS複製人間
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant