サービス終了のお知らせ
ホテル
▼人気記事ランキング
3.ホテルの客室
3.5.客室へのサービス提供
ホテルごとに、どこまでのサービスを客室まで届けてくれるか(あるいはほとんど無いか)異なっているが、ルームサービスがあるホテルでは、「食事のルームサービス」「衣類のクリーニング、アイロンがけ」「客室の清掃」などが基本で、ホテルによってはマッサージなどの手配をしてくれるところもある。これによって疲れた旅人やビジネスパーソンが、一旦チェックインし客室に入ったら、部屋の中に籠ったまま様々な客室サービスを利用して食欲も満たし疲れもとる、などということも可能な場合がある。ただし、サービスごとに料金が発生する。

ルームサービス
ケータリングデリバリーピザなど)
衣服のクリーニング
(基本的に日本の旅館と異なって、連泊中にはホテルスタッフは客室に入ってこないが)客が希望を明確に伝えれば、客室に入り清掃をしてくれる。

連泊する場合チェックインの際にフロントで「お部屋のお掃除はいかがなさいますか?」と聞かれる場合がまれにあるが、それはそのホテルが基本的にはチェックアウト後にしか清掃を実施しないシステムになっているためで、客が望むなら無料もしくは有料で実施してくれる場合が多い。
基本的には客のいない時間に清掃を実施するので、日中にホテルから外出する用事が無い場合は清掃が実施できない(この場合、新しいタオル等のアメニティーをセットにしてドアノブにかけておく場合が多い)。大規模もしくは高級なホテルであればどの時間帯でも客の望む時間に清掃を行うことがある。その場合ホテルによっては客室のドアノブに「掃除をお願いします」といった旨のプラカードを客自身の手によってかけるシステムがある。意味はそのものズバリであり、外出している間に館内巡回担当が見つけて掃除を手配してくれる。イタズラによって他の客によって外されたり付けられたりするといった事例から、ランプ点灯式(客室内からの操作)に変更したり、あるいはこのシステムを廃止しているホテルもある。
清掃内容は部屋や浴室の清掃はもちろん、タオルや浴衣(ガウン)・ベッドシーツ等の交換、アメニティやミニバーの補充などである。
近年では、「エコプラン」と称して連泊する場合のベッドメイク、清掃、備品の補充、交換を省略する代わりに、客室料金を割引するサービスを提供しているホテルがある。この場合でも、ごみ箱の回収、灰皿の交換等は行われる。
なお「ルームクリーニング・R / C(アールシー)」は、ホテルスタッフ側の用語、業界用語で「客がチェックアウトした後の部屋の清掃」を意味し、単に「客室内の清掃」ではなく、やや意味が異なる。
マッサージ
デイユース・デイタイムスティ
[4]前ページ
(3.4.客室からの眺望)
[6]次ページ
(4.ホテルの(客室外の)設備)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/17 22:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant