ホロコースト
▼人気記事ランキング
9.ホロコースト研究
9.2.最終的解決の決定時期
構造派の中では最終的解決が政策として決定された時期について見解は分かれている。ヘルムート・クラスニックは1941年3月、セバスティアン・ハフナーは1941年12月を決定の時期と見ている[122]。また、ハンス・モムゼンのように、決定は行われず、ユダヤ人政策が進展する中で絶滅政策に進化していったという累積的急進化という考え方もある[122]ラウル・ヒルバーグも一歩先以上を考えられない官僚組織が、行政の仕事として一歩一歩絶滅政策へと進んでいったとし、ホロコーストの全体像を構築するものはなかったとしている[123]

[4]前ページ
(9.1.発生要因)
[6]次ページ
(10.ホロコースト否認論)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/06/09 09:30
ソ人気記事ランキング
2019/08/23 更新
 1位日本
 2位山本美香
 3位名古屋小6受験殺人事件
 4位8月22日
 5位玄倉川水難事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant