サービス終了のお知らせ
ホーエンローエ家
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ホーエンローエ家ドイツ語: haus das Hohenlohe)は、かつてドイツフランケン地方を治めた貴族一門。家名は、おそらく、ウッフェンハイム近郊のホーラッハ城(あるいはホーエンロッホ城)に因んだものと推測される。
ホーエンローエ家の本来の支配地域は、コッハー川タウバー川ヤクスト川沿いの渓谷であった。1234年ランゲンブルク1250年エーリンゲンを獲得、さらに後(1300年以降)にはヴァルデンブルクノイエンシュタインをも獲得した。13世紀から15世紀にかけて幾度も分家し、あるいはドイツ騎士団への寄贈(1219年)を行いながらも、ホーエンローエは、固有の確固とした領土を形成していた。
ホーエンローエ家の紋章の図柄は、上下に配置された2頭のゆったりと歩むヒョウで、勇敢さと強さを表現している。また、ホーエンローエ家のモットーは、ex flammis orior(『炎の中からおのれを高めよ』)であった。
目次
1.起源
2.歴史
3.主要人物
4.参考文献
5.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/12/05 21:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant