サービス終了のお知らせ
ホームドラマ
▼人気記事ランキング
概要
ホームドラマとは、家族や家庭内の出来事をテーマとしたテレビドラマ和製英語[1]。英語圏ではシチュエーション・コメディ(シットコム)がこれに相当する[1]

派手なアクション、犯罪など非日常的要素はほとんどなく、一般的には、家族でも見られる、穏健な(当たり障りのない)内容の作品が多い。固定されたレギュラー登場人物たちによる和気藹々としたやり取りが大きな売りであり、こうしたホームドラマ的要素は刑事ドラマなど他ジャンルにも大きな影響を及ぼしている。

基本的にはドラマを指すが、佐藤忠男は『日本映画思想史』(三一書房1970年)で田坂具隆監督の『雪割草[2]1951年)が「ホームドラマという和製英語が生まれた最初の映画だ」と書いている。公開時に大映映画部が「ホームドラマ」という言葉を初めて使った。

アメリカのホームドラマ[編集]

アメリカのドラマでは『アイ・ラブ・ルーシー』や『パパは何でも知っている』などが代表的なホームドラマとされている[3]。ただし、ホームドラマという言葉はあくまでも和製英語である[1]

『アイ・ラブ・ルーシー』や『パパは何でも知っている』などのドラマは、1950年代以降に日本でも放映され、ドラマに映し出される電気冷蔵庫やステーションワゴンなどのライフスタイルは、特に50年代から60年代にかけて日本の生活様式に影響を与えたとされている[3]

日本のホームドラマ[編集]

連続テレビ小説シリーズ(1961年〜)
七人の孫1964年1月 - 7月、1965年6月 - 1966年2月)
あひるの学校1968年
肝っ玉かあさん (1968年 - 1972年)
時間ですよ1970年1971年1973年
ありがとう (1970年 - 1975年)
まんまる四角 (1973年)
銀座わが町 (1973年)
たんぽぽ1973年1975年1976年1977年1978年
寺内貫太郎一家1974年
七色とんがらし1976年
ムー1977年
岸辺のアルバム (1977年)
十字路1978年
ムー一族 (1978年 - 1979年
1980年 - 1981年
玉ねぎむいたら… (1981年)
親子ゲーム1986年
深夜にようこそ (1986年)
渡る世間は鬼ばかり1990年 - 2019年
ひとつ屋根の下1993年1997年
ダブル・キッチン (1993年)
セカンド・チャンス1995年
キッズ・ウォー1999年 - 2003年
ホームドラマ!2004年
アットホーム・ダッド (2004年)
鬼嫁日記2005年
ブラザー☆ビート (2005年)
熟年離婚 (2005年)
受験の神様2007年
夫婦道(2007年・2009年
わが家の歴史2010年
フリーター、家を買う。 (2010年)
マルモのおきて2011年
とんび2013年
OUR HOUSE2016年
義母と娘のブルース2018年

脚注[編集]

出典:Wikipedia
2020/01/07 16:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant