サービス終了のお知らせ
ホームタウン
▼人気記事ランキング
概要
ホームタウン(hometown)とは、JリーグBリーグなどのスポーツクラブチームが本拠とする地域のことを指す。

用法[編集]

プロ野球などでいうフランチャイズ地域保護権)とは、似ているようでかなり異なる。

フランチャイズは試合の開催などの興行活動を独占的に行うことのできる営業権、興行権の意味合いが強い。これに対してホームタウンには興行権の意味は含まれない。ホームタウンは、クラブチームがその地域社会と密着して活動しているという意味合いが強い。

なお、一般的には「故郷、育った町」という意味である。

Jリーグ[編集]

Jリーグでは、ホームタウンを「クラブと地域社会が一体となって実現する、スポーツが生活に溶け込み、人々が心身の健康と生活の楽しみを享受することができる町」と定義している。

プロ野球のフランチャイズは都道府県を単位としているが、Jリーグでは基本的に市町村単位でホームタウンが制定されている。参加各チームはホームタウンのスタジアムで全主催ゲームの80%を開催することが義務付けられている。また、1999年からは同一都道府県の複数の市区町村をまたいだり、また本拠となる都道府県全域をホームタウンとすることができる「広域ホームタウン」が認められるようになった。ただし、鹿島アントラーズはJリーグに加盟した1992年当初から特例で広域ホームタウンが認められていた。

ちなみに、現在J3を含むJリーグ会員クラブで、全県ホームタウンとなっているのは札幌秋田山形岩手福島群馬FC東京東京V新潟甲府富山金沢名古屋岐阜鳥取岡山山口徳島愛媛長崎大分琉球の22クラブで、「岩手県全県」を本拠地としている岩手、「東京都全域」を本拠地としているFC東京と東京V、「新潟県全県」を本拠地としている新潟、「山口県全県」を本拠地としている山口の5クラブを除いては、この中からのメインのホームタウン自治体を定めている。後述の表参照。

なお、やむを得ない事情でホームタウンを移転する場合は、実施する1年前までにJリーグの理事会、実行委員会の承認を得ることが義務付けられている。

過去にJリーグのクラブでホームタウンを移転した例はヴェルディ川崎2001年川崎市東京都に移し、それを機にチーム名を「東京ヴェルディ1969」に変更した事例があるのみ。コンサドーレ札幌(川崎市→札幌市)、水戸ホーリーホック土浦市水戸市)、大宮アルディージャ旧・浦和市旧・大宮市=現在は合併によりさいたま市)、アビスパ福岡藤枝市福岡市)の各クラブはそれぞれJリーグ加盟前にホームタウンを移動している。

また、ホームタウンとなっている自治体全てがマッチスポンサーとなっているホームゲームがあるクラブがあれば、全てのホームゲームがホームタウンの自治体の一部分が持ち回りでマッチスポンサーを担当するクラブ[1]も存在する。

ホームタウン一覧[編集]

Jリーグ[編集]


Jリーグ百年構想クラブ[編集]


ここでは、将来的にJリーグ参戦を目指すJリーグ百年構想クラブを取り上げる。

Bリーグ[編集]

Bリーグでは発足初年度となる2016-17シーズンの加盟要件としてホームタウンを定め、その地域内にホームアリーナを設置することを挙げ、B1ではホームゲームの8割、B2では6割をホームアリーナで開催することを原則としている[4]。なお、青森愛媛の2クラブは2016-17シーズンでは特定のホームタウンを定めておらず、ホームアリーナも指定していなかったが、翌2017-18シーズンからそれぞれ指定した。

クラブはホームタウンにおいて、社会貢献活動を含めて地域社会と一体となったクラブ作りを行い、スポーツの普及および振興に努めなければならないとしており、地域に密着した活動が求められている[5]。また、ホームタウンの変更は原則としてできないが、理事会の承認を受けて同一の都道府県内にある市区町村をホームタウンに追加することは可能である。やむを得ない理由により、ホームタウンを変更する場合には、変更の日の1年以上前までに理事会に申請し、その承認を得なければならない[5]

ホームタウン一覧[編集]

所属、地区は2018-19シーズンのカテゴリ[6]

Bリーグ[編集]


B3リーグ[編集]


ここでは、Bリーグの下部リーグであるB3リーグに所属するクラブを取り上げる。

その他の種目[編集]

フットサルFリーグでは、クラブ数が少ないため、リーグ開始当初は3回総当りを採用しており、それぞれのホームタウンでの1回ずつにプラスし、リーグ主管によるセントラルマッチ(中立地開催)での1回総当りを加えていたが、2013-14年シーズンのみ4回総当たり(便宜上2ステージ制)となり、原則的には「ホーム・アンド・アウェー2回ずつ」になったが、従来通りリーグ主管中立開催試合(同シーズン12試合)も継続した。
バレーボールVリーグでは、「ホームタウン」制度として、そのクラブの練習所のある所在地を本拠地として位置づけているものがあるが、プロ野球やJリーグのような完全なホーム・アンド・アウェーではなく、中立地でのセントラル開催が多い。
バスケットボール女子のWリーグでは、ホームタウン制度を採用しており本拠地での試合を「ホームタウンゲーム」として行っているが、完全なホーム・アンド・アウェーとはなっていない。

脚注[編集]

出典:Wikipedia
2020/02/26 01:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant