サービス終了のお知らせ
ペプチド
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ペプチド: Peptid: peptide 英語: [?p?pta?d], ギリシャ語πεπτο? (消化できる)に由来する)は、アミノ酸モノマーとしてペプチド結合: peptide bond)により短い鎖状につながった分子の総称。
ペプチド結合は、2個以上のアミノ酸の間で一方のアミノ基から水素が、もう一方のカルボキシル基からヒドロキシ基が、水分子としてとれ(脱水、(−CO−NH−)の形で縮合している。ペプチドに組み込まれたアミノ酸を残基: residue)という。残基が2個のものをジペプチド、3個のものをトリペプチド、4個のものをテトラペプチドなどといい、残基が10個以下のものをオリゴペプチド、多数つながればポリペプチドなどと呼ぶ。およそ50個以上つながった長いペプチドはタンパク質として理解され得る[1][2] が境界はあいまいであり、アミロイドβ(残基は36?43個)やインスリン(残基は51個)などは長いペプチドとされている。
ペプチド(アミド)結合は典型的な炭素窒素単結合よりもいくらか短い、そして部分的に二重結合の性質をもつ。なぜならその炭素原子は酸素原子と二重結合し、窒素は一つの非共有電子対を結合へ利用できるからである。
機能性ペプチドは、皮膚細胞の増殖活性を促すとして、化粧品原料として用いられることもある。生体内で産生されるペプチドはリボソームペプチド、非リボソームペプチド、消化ペプチドの3つに大別される。
目次
1.歴史
2.リボソームペプチド
3.非リボソームペプチド
4.消化ペプチド
5.大きなペプチドファミリー
6.用語
7.出典
8.関連項目
9.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/11/09 06:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant