ペラヤースラウ会議 (1654年)
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ペレヤースラウ会議ウクライナ語Переяславська рада)は、1654年1月18日ユリウス暦1月8日)にウクライナペレヤスラウにおいて、コサック国家将軍ボフダーン・フメリニーツィキーが開催したコサックの全軍(全国)会議である。この会議では、ウクライナ・コサックポーランドと戦うために、ロシアツァーリから一時的保護を受けることとなった。会議の決議は、同年3月に「三月の条々」というウクライナ・ロシア条約に編入された。そのきっかけでロシアは、ポーランドからのウクライナの独立戦争介入し東欧における自国の勢力の拡大に成功し、18世紀末にウクライナを併合した。ロシアソ連の学界ではペレヤースラウ会議が「キエフ・ロシア時代以来、ロシアとのウクライナの再統合」と見なされ、ウクライナの学界ではポーランド隷属からモスクワ隷属への移行と解釈されている[1]
目次
1.背景
2.会議
3.結果
4.評価
5.関連記事
6.脚注
7.参考文献
出典:Wikipedia
2019/07/09 20:32
ソ人気記事ランキング
2020/01/21 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位清美川梅之
 5位麒麟がくる
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant