サービス終了のお知らせ
ペマキッドの戦い (1696年)
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ペマキッドの戦い(ペマキッドのたたかい、Siege of Pemaquid)は、ウィリアム王戦争中に起こった戦闘である。フランスインディアンの連合軍が、ヌーベルフランスから、イングランド植民地のペマキッド(現在のメイン州ブリストル)を攻撃したもので、このペマキッドはアカディアと国境を接していた。戦闘を指揮したのはピエール・ル・モイン・ディベルヴィユとジャン=ヴァンサン・ダバディ・ド・サン=キャスタン(パンタグ、現在のメイン州キャスティン出身)で、この砦の駐屯隊長だった大尉のパスコ・チャブは、1696年8月14日の二日間に及ぶ戦いで降伏した。ディベルヴィユは兵士のうち3人を殺し、あとの92人をボストンに送り返した。
このペマキッドの勝利は、ウィリアム王戦争中のフランスの勝利でも意義深いもののひとつだった[1]。この戦いの後、ニューイングランド軍は報復としてアカディアへの襲撃(シグネクト奇襲)を行った[2]
目次
1.歴史的背景
2.包囲戦
└2.1.両指揮官のその後
3.脚注
4.参考文献
├4.1.一次出典
├4.2.二次出典
出典:Wikipedia
2019/06/12 17:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant