ベネズエラ
▼人気記事ランキング
6.地方制度
地方制度は、州(エスタード、estado)、市町村(ムニシピオ、municipio)、区(パロキア、parroquia)の三層だが、自治体とは呼べない区を除くなら二層になる。州は23、首都地区が1、連邦保護領が1ある。首都地区と連邦保護領は州政府にあたるものを持たない。形式上連邦制をとるが、ベネズエラは南米でも中央集権的な制度の国で、州の独立性は弱い。1989年まで、州知事は共和国大統領の任命制であった。

市町村にあたるムニシピオは、日本語で人口に応じて適当に市、町、村などと訳し分けられる。市郡とする人もいる。かつては州と市町村の間に郡(ディストリト、distrito)があったが、1980年代に廃止された。基本的に、かつての郡が新しい市に、かつての市が新しい区に相当する。中にはバルガス州のような一州一市の例もある。市町村の上に立つ特別な自治体として、カラカス大都市地区とアルトアプレ郡がそれぞれの特別法によって設けられている。

区はかつて教会の教区と一致したが、現在では別のもので、区別するために民区(parroquia civil)と呼ばれることもある。小さな市では一市一区のところが多く、区役所は置かれない。選挙で選ばれるのは州知事、州議会議員、市長、市会議員、区議員で、区長は任命制である。

アンソアテギ州 (Anzo?tegui)
アプレ州 (Apure)
アラグア州 (Aragua)
バリナス州 (Barinas)
ボリバル州 (Bol?var)
カラボボ州(Carabobo)
コヘデス州 (Cojedes)
デルタアマクロ州 (Delta Amacuro)
ファルコン州 (Falc?n)
グアリコ州 (Guarico)
ララ州 (Lara)
メリダ州 (M?rida)
ミランダ州 (Miranda)
モナガス州 (Monagas)
ヌエバ・エスパルタ州 (Nueva Esparta)
ポルトゥゲサ州 (Portuguesa)
スクレ州 (Sucre)
タチラ州 (T?chira)
トルヒージョ州 (Trujillo)
ヤラクイ州 (Yaracuy)
バルガス州 (Vargas)
スリア州 (Zulia)
連邦保護領(Dependencias Federales)
首都地区 (Distrito Capital) (主な都市 チャカオ市、バルータ市、エル・アティージョ市)
[4]前ページ
(5.軍事)
[6]次ページ
(6.1.主要都市)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/11/05 20:00
ソ人気記事ランキング
2018/11/13 更新
 1位日本
 2位北方町猟銃殺人逃走事件
 3位日本における死刑
 4位正木裕美
 5位アフタヌーンショー
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant