ベニグノ・ラモス
▼人気記事ランキング
1.来歴
1.1.独立運動への参加とマニュエル・ケソンとの政争
ブラカン州で教育を受けたラモスは、同州で教師となった[1] のち、マニラに居を移して官途に就き、1928年までに元老院職員として昇進した。その後アメリカからの即時独立を主張するナショナリスタ党に賛同し、同党内で頭角を現していた政治家マニュエル・ケソンと親しくなるが、1930年首都で行われた教師による山猫ストをめぐって両者は対立、ラモスは党を去った。
[6]次ページ
(1.2.サクダリスタ運動)

1. David R. Sturtevant, 'Sakdalsim and Philippine Radicalism', en:Journal of Asian Studies, Vol. 21, No. 2. (Feb., 1962), p.201

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2016/07/20 05:00
ソ人気記事ランキング
2019/08/24 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位名古屋小6受験殺人事件
 4位山本美香
 5位文京区幼女殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant