サービス終了のお知らせ
ベスト・アルバム
▼人気記事ランキング
1.概要
通常のアルバム(スタジオ・アルバム)は、先行発売のシングル曲を数曲程度収録することが多いが、楽曲の大半は未発表曲である。対してベスト・アルバムの場合、アーティストによってはスタジオ・アルバム収録曲のうちシングルカットされていない曲を入れたり、ボーナストラックとして未発表曲を収録することもあるが、大半は収録曲のほとんどが既発のシングル曲(B面曲も含む)で占められており、基本的には過去の代表曲を集めたアルバムであった。

しかし、近年では非公式ベスト(後述)が乱発することもあり、あえて新曲や未発表曲を収録したり、初回盤などの特典をつけることで公式であることを強調することが通例となっている。また、近年ではシングルA面(つまり売れた曲)だけを網羅しただけの「シングルコレクション」という形態も増えてきている。

ただし、B面曲やスタジオ・アルバム収録曲のみで占められたベスト・アルバムも存在する(例:ゆずゆずのね 1997-2007』、L'Arc〜en〜CielThe Best of L'Arc〜en〜Ciel c/w』)。尚、アルバムによっては一部シングルをB面曲だけ収録する場合もある(例:Berryz工房Berryz工房 スッペシャル ベスト Vol.1』の『友情 純情 oh 青春(「ハピネス〜幸福歓迎!〜」c/w)』、PUFFYHit&Fun』の『ともだち(あたらしい日々 c/w)』、いきものがかりいきものばかり〜メンバーズBESTセレクション〜』の『Happy Smile Again(プラネタリウム c/w)』)。

複数枚組の場合、ディスクごとに異なるサブタイトルを付けたものや(例:サザンオールスターズ海のYeah!!』)、イメージや販売形態等で収録曲を振り分けたもの(例:薬師丸ひろ子歌物語』、GReeeeNいままでのA面、B面ですと!?』)も存在する。

日本では、ヘッドフォンステレオカーオーディオが普及した1980年代前半に、カセットテープのみで発売されたカセット・ベスト・アルバムが存在した(サザンオールスターズ長渕剛など)。中でも、サザンオールスターズの『バラッド '77〜'82』はCD化もされている。

かつての日本では、12月にベスト・アルバムのリリースが集中したが、2000年前後から、日本企業の多くの決算期にあたる3月(オリコンの集計の関係で3月の最終水曜日)にJ-POPアーティストのベスト・アルバムを発売するケースが多くなっている。また、ある程度活動期間が長く、人気が維持されているミュージシャンに関しては、そのグループや個人に対して特別な日(誕生日やメジャーデビュー日など)にベスト・アルバムを発売するということも行われている。さらにグループの解散及び個人の引退を記念してのベスト・アルバムも多く、歌手やグループの(元)メンバーが死去した際には追悼盤としてベスト・アルバムがリリースされることもある。

[6]次ページ
(2.主な種類)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/18 16:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant