ベーキングパウダー
▼人気記事ランキング
4.重曹との違い
重曹(ベーキングソーダ)との違いは、重曹は純粋なガス発生剤であるのに対し、ベーキングパウダーは重曹に加えて助剤(酸性剤)や分散剤(遮断剤)も含む点にある[3]。両者は対象によって使い分けられる[3][8]。他に酸性の材料(ヨーグルト、チョコレート、バターミルク、はちみつ[8]等)が十分含まれる場合や、焼く時間が比較的短い(重曹が酸と反応する時間が短い)場合[9]は重曹が使われる。酸性の材料が少なかったり焼く時間が十分長い場合等は、ベーキングパウダーが用いられる[8][9]。業務用のベーキングパウダーは焼き物や蒸し物等の用途別に数百種類あると言われる[3]

重曹が用いられる例:クッキー[8][9]パンケーキ[9]利休饅頭[3]どらやき[3]
ベーキングパウダーが用いられる例:ケーキ[8]マフィン[9]ビスケット[8][9]バターケーキ[3]まんじゅうの皮[3]、イースト無しのパン[9]
[4]前ページ
(3.発明)
[6]次ページ
(5.出典・脚注)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/20 19:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/23 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位宍戸錠
 5位清美川梅之
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant