ベーキングパウダー
▼人気記事ランキング
1.組成と種類
ガス発生剤を単独で用いる物と酸性剤 + 遮断剤が配合されている物がある。一般に市販されるベーキングパウダーは、ガス発生剤 + 酸性剤 + 遮断剤を一包式にしたものである[2]

熱分解により二酸化炭素またはアンモニアガスを発生させる[2][3]炭酸水素ナトリウム NaHCO3 (重曹)、炭酸水素アンモニウム NH4HCO3(重安)
中和反応によってガス発生剤の分解を促進する[2][3]。成分の配合を変えることで、ガス発生が最大になるタイミングも変える事が出来る[4]酒石酸水素カリウムリン酸二水素カルシウム (別名第一リン酸カルシウム)酒石酸、焼ミョウバンフマル酸リン酸ナトリウムグルコノデルタラクトン、酸性ピロリン酸ナトリウム、酸性リン酸アルミニウムナトリウム(NaAl3H14(PO4)84H2O)など。
保存中にガス発生剤と酸性剤が反応しない様に隔てる為の成分[2][3]デンプン、小麦粉
[6]次ページ
(1.1.一剤式)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/20 19:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/22 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位菊池桃子
 4位新潟少女監禁事件
 5位清美川梅之
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant