ヘヴィメタル
▼人気記事ランキング
4.歴史
4.2.NWOBHMとヘヴィメタルの確立、定着
英国のハードロック1970年代前半に一時代を築き上げるが、ハードロック、プログレのマンネリ化への反動や大不況などから、1970年代半ばにパンク・ロック・ムーヴメントが起きる。かつてのハードロックは「オールド・ウェイヴ」と呼ばれるようになり、ブリティッシュ・ハードロック・シーンはその勢いを失っていった。しかしアンダーグラウンドシーンでは様々な若手バンドが、一部ではパンクのビートの性急感をも取り入れながら、新しい時代のハードロックを模索するようになっていた。サウンズ誌の記者ジェフ・バートンにより『NWOBHM(ニュー・ウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィ・メタル)』と名付けられたこのムーヴメントは、少しずつ知られるようになっていった。1980年にはアイアン・メイデンデフ・レパードがメジャーデビューし、シーンは一気に活性化していく。それらのバンドと比べると商業的な成功は大きくなかったものの、ヴェノムダイアモンド・ヘッドものちのメタルシーンに影響を与えた[24]

NWOBHM勢に結成は先立ちながら、同時期のヘヴィメタルの立役者となったのが、同じくイギリス出身のジューダス・プリーストである。ブルースの影響を捨て去ることで、真っ白なヘヴイメタルの隆盛に寄与したのである[24][26]。1969年の結成当初は比較的オーソドックスなハードロックをプレイしていた彼らであるが、やがて硬質で疾走感のあるギターリフを用い、金属的な高音ボーカルでシャウトするなどの様式美の伝統を作り出した。さらに1970年代後半からはレザー・ファッションを取り入れるなど、ステージ・パフォーマンスの面でも後々までステレオタイプ化されるような「ヘヴィメタル」のイメージを作り上げた。またモーターヘッドは、ロックンロールにパンク・ロック的な要素やスピード感のあるリズムを導入し、後のハードコア・パンクスラッシュメタルの先駆けにもなった。さらにディープ・パープルのコンピレーション・アルバムが大ヒットするなど、かつてのハードロックバンドの再評価、活躍も見られた。

イギリス以外の世界のバンドについては、ドイツのスコーピオンズアクセプト、オランダのヴァンデンバーグ、ゴールデン・イアリング、オーストラリアのAC/DC、カナダのラッシュ、マホガニー・ラッシュ、デンマークのプリティ・メイズマーシフル・フェイトなどが注目された。日本では、1976年BOWWOW(のちのVOW WOW)、1977年レイジーがデビューし、共に日本国外の一部の国で知られるようになった。

[4]前ページ
(4.1.ヘヴィメタル黎明期)
[6]次ページ
(4.3.アメリカ/産業化とLAメタル)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/13 22:30
ソ人気記事ランキング
2019/11/13 更新
 1位日本
 2位リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件
 3位11月12日
 4位IT (映画)
 5位田代まさし
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant