ヘンリク2世
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ヘンリク2世ポボジュヌィポーランド語:Henryk II Pobo?ny;ドイツ語:Heinrich II der Fromme、1196年頃 - 1241年4月9日)は、ピャスト朝ポーランド大公(在位:1238年 - 1241年)。シロンスクヴロツワフクラクフヴィエルコポルスカ南部の公でもあった(在位:同)。また1238年から1239年までサンドミェシュ及びオポーレラチブシュの2公国の摂政を務めた。ヴロツワフ公ヘンリク1世(髭公)の息子で、母はメラーノ公ベルトルト4世の娘ヤドヴィガ(後にシロンスクの守護聖人)。敬虔公(Pobo?ny)と呼ばれた。
目次
1.生涯
├1.1.共同統治者
├1.2.単独統治
└1.3.モンゴルの侵攻と戦死
2.子女
3.関連項目
出典:Wikipedia
2016/02/13 14:00
ソ人気記事ランキング
2019/09/15 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位池田大作
 4位9月14日
 5位早坂隆信
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant