サービス終了のお知らせ
ヘンリー・セシル
▼人気記事ランキング
概要
サー・ヘンリー・セシルSir Henry Richard Amherst Cecil1943年1月11日 - 2013年6月11日[1])は、イギリス競走馬調教師

来歴[編集]

1964年から1968年まで、継父のセシル・ボイドロッチフォート調教師の下で調教助手を務めた。

1969年、調教師免許を取得し厩舎を開業。

1973年、クルーナフ(Cloonagh)でアイリッシュ1000ギニーを勝ち、G1及びクラシック競走初制覇[2]

1975年、ボルコンスキー(Bolkonski)で2000ギニーを勝ち、イギリスクラシック競走初制覇。

1976年、義父のノエル・マーレス調教師[3]の引退に伴い、厩舎を引き継ぐ。同年、初めてリーディングを獲得した。

1985年6月5日スリップアンカー(Slip Anchor)でダービーステークス初制覇。また同年、オーソーシャープ(Oh So Sharp)で1000ギニーオークスセントレジャーステークスを制し、牝馬クラシック三冠を達成した。

1987年7月25日にリファレンスポイント(Reference Point)でキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス初制覇。同馬はダービーステークス・セントレジャーステークスの二冠も制した。この年は180勝を挙げ、120年ぶりにイギリスの最多勝記録を更新した。

1990年、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス勝ち馬のベルメッツ(Belmez)がジャパンカップに出走。管理馬の日本初出走を果たしたが、1番人気に推されながら7着に敗れた。日本への遠征はこの1回のみである。

1995年シェイク・モハメドと決別。マークオブエスティーム(Mark of Esteem)の故障を迅速に報告しなかったことがきっかけとされる[4]

1997年10月4日にヤシュマク(Yashmak)でフラワーボウルインビテーショナルハンデキャップを勝ち、ヨーロッパ以外のG1初制覇。

1999年ラムルマ(Ramruma)でオークス・アイリッシュオークスヨークシャーオークスを制し、ヨーロッパオークス三冠を達成した。またこの年、妻[5]主戦騎手キーレン・ファロンとの間に不倫疑惑が報じられ、ファロンとの専属契約を解除した。

2000年6月25日にビートホロー(Beat Hollow)でパリ大賞典を制して以降、長らく大レースから遠ざかることとなる。2001年にはリーディングトップ10の座から脱落。2005年の年間収得賞金は僅か14万5000ポンドで、ランキングを97位まで落とすことになった。かつては200頭を越えていた管理頭数も、60頭を切るまでに減少した。

2006年11月21日にパッセージオブタイム(Passage of Time)でクリテリウムドサンクルーを勝ち、6年5ヶ月ぶりにG1を制覇。2007年のシーズン開幕前にはに冒されていることを公表したが、その病魔と戦いながら厩舎運営を続ける。そして6月1日ライトシフト(Light Shift)で8度目のオークス制覇を果たして称賛を浴びた。

2009年11月6日ミッデイ(Midday)でブリーダーズカップ・フィリー&メアターフを勝ち、ブリーダーズカップ初制覇。

2011年、6月に2011 Birthday Honoursで、ナイトの称号を授与された。

2011年フランケルでマイルレースを席巻するが、癌との闘病生活も始まる。

2012年、古馬となったフランケルで中距離のレースを総なめ、14戦14勝で無敗のまま引退し、名伯楽の評価を確固たるものとした。

2013年6月11日に死去[1]。70歳。

オークスで8勝、1000ギニーで6勝を挙げているが、どちらもロバート・ロブソン調教師に次ぐ第2位の記録である。また10勝を挙げているレーシングポストトロフィー(前身のフューチュリティステークスなど含む)、8勝を挙げているナッソーステークス、7勝を挙げているサセックスステークスで最多勝記録を持つ。

主戦騎手はトム・クウィリー。かつての主戦騎手はスティーブ・コーゼン、キーレン・ファロンなど。

表彰[編集]

イギリスリーディングトレーナー - 1976年、1978年1979年1982年1984年、1985年、1987年、1988年、1990年、1993年
カルティエ賞特別功労賞 - 2005年

主な勝鞍[編集]

イギリス[編集]

1000ギニー(1979年One in a Million、1981年Fairy Footsteps、1985年Oh So Sharp、1996年Bosra Sham1997年Sleepytime、 1999年Wince)
2000ギニー(1975年Bolkonski、1976年Wollow、2011年Frankel
オークス(1985年Oh So Sharp、1988年Diminuendo、1989年Snow Bride、1996年Lady Carla、1997年Reams of Verse、1999年Ramruma、2000年Love Divine、2007年Light Shift)
ダービーステークス(1985年Slip Anchor、1987年Reference Point、1993年Commander in Chief、1999年Oath
セントレジャーステークス(1980年Light Cavalry、1985年Oh So Sharp、1987年Reference Point、1989年Michelozzo)
エクリプスステークス(1969年Wolver Hollow、1976年Wollow、1978年Gunner B、2010年Twice Over)
キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス(1987年Reference Point、1990年Belmez、1994年King's Theatre
コロネーションステークス(1975年Roussalka、1979年One in a Million、1982年Chalon、1990年Chimes of Freedom、1994年Kissing Cousin)
サセックスステークス(1975年Bolkonski、1976年Wollow、1979年Kris、1994年Distant View、1997年Ali-Royal、2011年・2012年Frankel)
セントジェームズパレスステークス(1975年Bolkonski、1979年Kris、1990年Shavian、1995年Dr.Fong、2011年Frankel)
チャンピオンステークス(1988年Indian Skimmer、1996年Bosra Sham、2009年・2010年Twice Over)
デューハーストステークス(1975年Wollow、1982年Diesis、2010年Frankel)
ナッソーステークス(1975年・1976年Roussalka、1979年Connaught Bridge、1987年Nom de Plume、1993年Lyphard's Delta、2009年・2010年・2011年Midday)
レーシングポストトロフィー(1969年Approval、1975年Take Your Place、 1979年Hello Gorgeous、1982年Dunbeath、1984年Lanfranco、1986年Reference Point、1989年Be My Chief、1990年Peter Davies、1992年Armiger、1993年King's Theatre)
インターナショナルステークス(2012年Frankel)

アイルランド[編集]

アイリッシュ1000ギニー(1973年Cloonagh)
アイリッシュオークス(1988年Diminuendo[6]、1989年Alydaress、1999年Ramruma)
アイリッシュダービー(1989年Old Vic、1993年Commander in Chief)
ヨークシャーオークス(1979年Connaught Bridge、1988年Diminuendo、1998年Catchascatchcan、1999年Ramruma、2010年Midday)

フランス[編集]

ディアヌ賞(1987年Indian Skimmer、1990年Rafha)
ジョッケクルブ賞(1989年Old Vic)
グラン・クリテリウム(1992年Tenby

アメリカ[編集]

フラワーボウルインビテーショナルハンデキャップ(1997年Yashmak)
ブリーダーズカップ・フィリー&メアターフ(2009年Midday)

関連項目[編集]

競馬の調教師一覧

参考文献[編集]

Breeders' Cup Bios Henry Cecil 2010-11-15閲覧
ヘンリー・セシルに、ナイトの称号 | netkeiba.com競馬コラム 2011-06-16閲覧

脚注[編集]

出典:Wikipedia
2020/03/17 19:33
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant