ヘルマン・ゲーリング
運命の赤い糸|縁結び|しし座
ふたご座|ほくろ除去|星座占い
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ヘルマン・ヴィルヘルム・ゲーリング(Hermann Wilhelm G?ring1893年1月12日1946年10月15日)は、ドイツ政治家軍人
第一次世界大戦エースパイロットとして名声を得る。戦後の1922年ヒトラーに惹かれて国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)に入党。ミュンヘン一揆の失敗で一時亡命生活を送るも、1928年国会議員に当選し、1932年の選挙でナチ党が第一党となると国会議長に選出された。ナチ党と上流階級の橋渡し役を務めてナチ党の党勢拡大と政権獲得に貢献した。1933年のナチ党政権誕生後にはプロイセン州首相航空相ドイツ空軍総司令官、四ヵ年計画全権責任者、ドイツ経済相、森林長官、狩猟長官など要職を歴任し、ヒトラーの後継者に指名されるなど高い政治的地位を占めた。しかし政権内では対外穏健派だったため、対外強硬派のヒトラーと徐々に距離ができ、1930年代終わり頃から政治的影響力を低下させはじめた。第二次世界大戦中にドイツ空軍の劣勢が目立つようになると一層存在感を落とした。しかし戦後のニュルンベルク裁判では最も主要な被告人としてヒトラーとナチ党を弁護し、検察と徹底対決して注目を集めた。死刑判決後に服毒自殺した。
軍における最終階級は全ドイツ軍で最高位の国家元帥 (Reichsmarschall) である。
さそり座|相性占い|保育士
婚活|霊感|エステ
手相|恋愛占い|ワンピース
目次
1.概要
2.生涯
├2.1.幼年期から青年期(1893-1914)
├2.2.第一次世界大戦(1914-1918)
├2.3.ミュンヘン・レーテ共和国をめぐって(1918-1919)
├2.4.北欧で曲芸飛行士(1919-1921)
├2.5.ナチ党闘争時代(1921-1933)
├2.6.ナチ党政権掌握後(1933-1939)
├2.7.第二次世界大戦(1939-1945)
├2.8.ニュルンベルク裁判(1945-1946)
└2.9.自殺
3.人物像
├3.1.性格
├3.2.貴族趣味・華美な生活
├3.3.美術品収集
├3.4.実直な女性関係
├3.5.頭の良さ
├3.6.身体的特徴
├3.7.ユダヤ人について
└3.8.その他の逸話
4.家族
├4.1.前妻カリン
├4.2.後妻エミー
└4.3.娘エッダ
5.キャリア
├5.1.階級
└5.2.受章歴
6.メディア作品
7.参考文献
8.外部リンク
出典:Wikipedia
2017/05/04 10:21
おうし座|浮気|現金
性格診断|運命の人|内職
この記事を共有する
「ヘルマン・ゲーリング」をもっと検索
画像を探す
動画を探す
厳選サイトを探す
ソ人気記事ランキング
2017/05/27 更新
 1位ゴルゴ13 (架空の人物)
 2位田中聖
 3位橋爪功#家族・親族
 4位ミレニアム懸賞問題
 5位野村直樹
もっと見る>>
いま読まれている記事
仮面ライダーエグゼイド|孤立した言語|元 (王朝)|名越二荒之助|ヘルマン・ゲーリング
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant