プトレマイオス5世
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
プトレマイオス5世エピファネスギリシア語: Πτολεμα?ο? Ε' Επιφαν??:Ptolemy V Epiphanes、紀元前210年? - 紀元前181年)は、古代エジプトプトレマイオス朝ファラオ(在位:紀元前204年 - 紀元前181年)。プトレマイオス4世アルシノエ3世の子。エピファネス(もしくはエピパネス、「顕現神王」の意)を自称した。
プトレマイオス5世の即位前後の王朝の混乱に乗じた周辺の国家がエジプトを攻撃し、王朝は多くの領地を失った。また、王朝の支配下に置かれていたエジプト土着の住民の民族的自覚が高まり、各地で反乱が頻発した[1]。プトレマイオス5世の時代から、プトレマイオス朝は衰退を始める[1]
目次
1.生涯
2.政策
3.子女
4.脚注
5.参考文献

1. 屋形「プトレマイオス5世」『世界伝記大事典 世界編』8巻、472-473頁

出典:Wikipedia
2017/07/02 15:02
ソ人気記事ランキング
2019/08/23 更新
 1位日本
 2位山本美香
 3位名古屋小6受験殺人事件
 4位8月22日
 5位玄倉川水難事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant