プトレマイオス朝
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
プトレマイオス朝古代ギリシア語: Πτολεμα?οιPtolemaioi前305年-前30年)はグレコ・マケドニア人を中核とした古代エジプトの王朝。アレクサンドロス3世(大王)の死後、その後継者(ディアドコイ)となったラゴスの子プトレマイオス(1世)によって建設された。建国者の父親の名前からラゴス朝とも呼ばれ、セレウコス朝アンティゴノス朝とともに、いわゆるヘレニズム国家の一つに数えられる。首都アレクサンドリアは古代地中海世界の経済、社会、文化の中心地として大きく発展し、そこに設けられたムセイオンと付属の図書館(アレクサンドリア図書館)を中心に優れた学者を多数輩出した。対外的にはシリアを巡ってセレウコス朝と、エーゲ海の島々やキュプロス島を巡ってアンティゴノス朝と長期にわたって戦いを繰り返したが、その終焉までエジプトを支配する王朝という大枠から外れることはなかった。この王朝が残したロゼッタ・ストーンは近代のエジプト語解読のきっかけを作った。
ローマが地中海で存在感を増してくると、プトレマイオス朝はその影響を大きく受け、ローマ内の政争に関与すると共に従属国的な色彩を強めていった。実質的な最後の王となったクレオパトラ7世はローマの有力政治家ユリウス・カエサルマルクス・アントニウスと結んで生き残りを図ったが、アントニウス軍と共にオクタウィアヌスと戦ったアクティウムの海戦での敗北後、自殺に追い込まれた。プトレマイオス朝の領土はローマに接収され、帝政の開始と共に皇帝属州アエギュプトゥスが設立された。
目次
1.歴史
├1.1.アレクサンドロス3世とディアドコイ
├1.2.王朝の建設
├1.3.王朝の完成
├1.4.プトレマイオス3世の征服活動
├1.5.後期プトレマイオス朝
├1.6.ローマの拡張とプトレマイオス朝
├1.7.慢性的な内紛とローマへの従属
└1.8.滅亡
2.社会と制度
├2.1.グレコ・マケドニア人とエジプト人
├2.2.地方統治
├2.3.経済
└2.4.学問
3.「宗教」と王権
├3.1.セラピス
├3.2.支配者祭儀
├3.3.エジプトの神々
└3.4.ユダヤ教
4.歴代プトレマイオス朝ファラオ
5.系図
6.脚注
├6.1.注釈
└6.2.出典
7.参考文献
├7.1.史料
├7.2.書籍・論文
├7.3.Web
出典:Wikipedia
2019/11/05 17:30
ソ人気記事ランキング
2019/12/10 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位松本ちえこ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant