サービス終了のお知らせ
プシェミスル朝
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
プシェミスル朝チェコ語: Dynastie P?emyslovc?)は、ボヘミアドイツ語でベーメン、チェコ語ではチェヒ)のチェコ人王朝1306年に断絶するまで続いた。伝説上の女傑・リブシェの夫で、一族の伝説上の始祖である農夫プシェミスルから名づけられた。競合するスラヴニク家を打倒後、ボヘミアの一君主となったが、13世紀にオタカル2世オーストリア公国を獲得してオーストリア大公の地位に就き、大空位時代神聖ローマ皇帝として推挙されている(ハプスブルク家に敗れた)。さらに13世紀後半、ポーランド王も兼ねたヴァーツラフ2世の下で最盛期を誇ったが、息子である次王ヴァーツラフ3世が殺害され断絶した。
目次
1.歴代君主一覧
├1.1.ボヘミア公
└1.2.ボヘミア王
2.系図
├2.1.ボヘミア公・ボヘミア王家
└2.2.オパヴァ公(トロパウ公)家
3.参考文献
4.関連項目
出典:Wikipedia
2018/09/11 22:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant