プロサッカー選手
▼人気記事ランキング
3.サッカーにおけるプロとアマチュアの位置づけ
世界中ほとんどのプロクラブは、年齢によって「ユース」「ジュニアユース」またはそれ以下のカテゴリのチームを所有している。これらは当然アマチュアチームである。また、ドイツや日本のFC岐阜SECONDファジアーノ岡山ネクストなどの年齢制限の無いアマチュアチームを所有している例も枚挙に暇が無い。 サッカーではプロチームを頂点として、その下にカテゴリー別のアマチュアチームを抱えるピラミッド型のクラブ形態が一般的である。これらのカテゴリーに所属しているアマチュア選手が同じクラブのプロチームの試合に出場する事に対してはほとんどの場合何の制限も設けられていない。
クラブだけでなく各国協会もプロチームだけでなく、アマチュアチームを含めた全てのクラブ、チームを統括している。これによってプロ・アマ問わず、それぞれの国の協会に加盟している全てのクラブ、チームが参加するトーナメントの開催が可能になる。こうしたトーナメントとしてイングランドのFAカップ、日本の天皇杯全日本サッカー選手権大会がある。
[4]前ページ
(2.3.日本におけるプロ化)
[6]次ページ
(4.日本のプロサッカー選手)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/06/19 23:00
ソ人気記事ランキング
2019/10/13 更新
 1位日本
 2位ジョンベネ殺害事件
 3位狩野川台風
 4位三浦和義
 5位10月12日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant