プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン
▼人気記事ランキング
3.日本での宣伝活動および提供番組
同社は日中の帯ドラマや情報番組、ゴールデンプライムタイムの番組、関東地方岡山県香川県を中心とするローカル番組のスポンサーとして有名である[10]。担当広告代理店は電通関西支社

2000年代以降は同じ外資系のユニリーバ・ジャパンジョンソンと同様に、会社名を出さず商品のみを宣伝するCMも多くなった。

最近はアニメHBCHana*テレビの番組のスポンサーにもなっていたりする。アニメについては、電通が製作に関与している番組(主にテレビ東京系列、『週刊少年ジャンプ』連載作品)にスポンサーになることが多い(特にPTもしくは不定期(週替わり)での場合が多い)。テレビ東京系のアニメを、原則地上波と同一のスポンサーをつけて放送しているBSジャパンでは、2006年10月 - 2009年4月まで、一時期の「NARUTO」を除いてスポンサーを降板していた。

かつては、平日昼・夕方のニュースや日中の情報番組を中心に、同じ外資系の保険会社メットライフ生命と共に提供している番組があった。またゴールデン・プライムタイムの1時間番組では、同じ外資系の生活用品会社ユニリーバ・ジャパンや、最近ではこちらも同業のJapan gatewayと共にスポンサーとして提供している場合がある。この流れは日本リーバ時代から続いている。番組の内容によっては提供クレジットを自粛する場合もある。

P&Gは地域によって商品展開が異なるケースが多いため、全国枠のCMでもCM内容は放送局ごとに異なる事が多い。なお、筆頭スポンサー番組は多数ある反面、一社提供番組がほとんど無い。

なお、提供クレジット時の読み上げ(所謂、提供読み)は、通常“ピー・アンド・ジー”と読み上げられているが、90秒以上提供の番組は、一部を除き、“ママの公式スポンサー”キャッチコピーを先に付ける(かつては、“暮らし感じる、変えていく”だった)。社名がP&Gサンホームだった時は、登記上の社名だった“プロクター・アンド・ギャンブル・サンホーム”(社名変更末期は“ピー・アンド・ジー・サンホーム”)と読み上げられていた。

[4]前ページ
(2.日本で発売されている主な商品)
[6]次ページ
(4.歴代キャッチコピー)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/02 16:33
ソ人気記事ランキング
2020/01/26 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位東出昌大
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant