プロヴディフ
▼人気記事ランキング
7.文化
7.2.文学
プロヴディフは、ブルガリアで第一級の文学の拠点となっている。1855年にフリスト・G・ダノフ(Hristo G. Danov)がブルガリアで初の出版社、そして印刷会社をこの地で興した[66]。文学拠点としてのプロヴディフの歴史は、国内で初の公共図書館であるイヴァン・ヴァゾフ国立図書館(Ivan Vazov National Library)や、市内に19あるチタリシテ(chitalishta、公民館施設)、数多くの書店や出版社の存在に見て取れる。図書館は1879年に設けられ[67]、著名なブルガリア人の作家・詩人であるイヴァン・ヴァゾフ(Ivan Vazov)の名をとって命名された。ヴァゾフはここで5年間を過ごし、彼の代表的な作品を著した[68]。イヴァン・ヴァゾフ国立図書館は、こんにちのブルガリアにおいて2番目に大きな国立の図書館であり、150万を超える書籍を収蔵し[69]、ブルガリアやその他のヨーロッパ諸国の貴重な書物を保有している。

[4]前ページ
(7.1.演劇と音楽)
[6]次ページ
(7.3.芸術)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/25 21:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/26 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位東出昌大
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant