プロレスアワー
▼人気記事ランキング
1.多団体放送時代
海外のプロレス映像(白黒)を使っての実況中継として1968年11月30日放送開始。解説は田鶴浜弘が担当した。初回放送はルー・テーズVSアントニオ・ロッカNWA世界ヘビー級王座戦とザ・デストロイヤーの素顔時代の試合が放送された。未来日だったバディ・ロジャースホイッパー・ビリー・ワトソン、当時すでに故人となっていたゴージャス・ジョージなどの試合も放送され[1]、視聴率では最高で15%を記録するなど人気番組となった。1969年からは土曜17:00枠においても初回からの再放送を開始。1970年8月には「WWWF決戦シリーズ」として、マディソン・スクエア・ガーデンで行われたWWWFの定期戦(ブルーノ・サンマルチノイワン・コロフペドロ・モラレスザ・モンゴルズなどが出場)を、フィルムを取り寄せた上でカラー放送した[2]。WWWF定期戦の放送の仲介役はグレート東郷が務めた[3]

日本女子プロレス中継であった『女子プロレス中継 世界選手権シリーズ』終了後の1970年以降は女子の試合も扱うようになった。プロレスアワーとしては1971年6月に一時休止となり、その後は『びっくりスポーツ』枠での単発放送を経て、1972年4月に再開し半年間放送された。

[6]次ページ
(1.1.初の新日本プロレス中継)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/30 13:33
ソ人気記事ランキング
2020/01/27 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位東出昌大
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant