プロレスラー
保育士|愛内里菜|看護助手
ネットでお得にコンタクトレンズ購入
コンタクトレンズ・ケア用品豊富な取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
4.職業病
4.1.プロレスラーの健康面についての問題
プロレス大国であるアメリカにおいては、著名なプロレスラーの絶対数も多いだけに、レスラーの死が頻繁に報道される。
レスラーとしてはまだまだ働き盛りであるはずの50歳以下での突然死も多く見られ、筋肉質の体型が多いことから筋肉増強を目的にステロイド薬を使っている為であるという報道も多い。ただし引退しても60歳前後で亡くなるケースもまた多い。対して、日本のレスラーの場合はガンなどによる死亡が一番多く記録されている。また、日米共通して言えることとして、最晩年には肝硬変糖尿病に苦しめられていたと伝聞される者が少なくない。
日米問わずレスラーはその職業上の特徴として長期間の巡業が多く、日々の食生活とハードトレーニングでその逞しい肉体を作ったり、外食にしてもプロモーターなどとの会合や後援者タニマチへのサービスなどが少なくないという意味では食事も仕事の一環であるため、肉類への偏りや暴飲暴食、飲酒過多などの問題があると考えられている。
実際、過去に報道されてきたプロレスラーの死の殆どは試合中の事故に起因するものではなく、まだ激しい肉体労働の商売である事を考えれば、現実的に見れば食生活の面の問題が大きい状況が伺われる。
WWEでは、1987年よりコカインヘロインなどの麻薬に関する検査を所属選手に対し行っている。また、2000年代に入り一時薬物が原因と見られる所属選手の死亡事故が相次ぎ、中にはエディ・ゲレロなどのスター選手も含まれていたことから、2006年より所属選手に対し定期的にドーピング検査を実施している。これらの検査の結果、問題が発覚した場合には契約を打ち切られ解雇される場合もある。
しかし、このような検査を導入している団体は世界的に見ればごく一部であり、依然多くの団体において選手の健康・肉体面の管理がなおざりにされ、各所に薬物の影響の影がちらついていることは否めない。
資格|前世|脱毛
六星占術|前世占い|無料占い
毎日更新!楽天ランキング
最新売れ筋商品が一目瞭然!
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(4.職業病)
[6]次ページ
(5.死亡事故)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/07/04 17:00
ほくろ除去|ふたご座|現金
さそり座|婚活|てんびん座
ソ人気記事ランキング
2017/12/11 更新
 1位野村沙知代
 2位富岡八幡宮
 3位パンパン
 4位野村克也
 5位山本博 (お笑い芸人)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant