プレミアリーグ (バレーボール)
▼人気記事ランキング
7.賞金・表彰制度
7.3.特別表彰制度
日本リーグ創設40周年を記念して、2006/07シーズンより特別表彰制度を設けた。

Vリーグ栄誉賞
優勝に貢献した選手:MVP・敢闘賞受賞回数男子5回以上、女子4回以上
個人記録で傑出した選手:MVP・敢闘賞を除く個人賞受賞回数男子10回以上、女子8回以上
長期にわたりVリーグで活躍する選手:試合出場が10シーズン以上で試合数230試合以上
Vリーグ記録賞
スパイク部門、ブロック部門、サーブ部門、サーブレシーブ部門、最多得点部門の各部門で日本人最高記録を記録した選手
男子
スパイク賞:佐々木太一サントリーサンバーズ)63.73% - 第8回Vリーグ(2002年)
ブロック賞:小川淳(新日鐵ブレイザーズ)1.83本 - 第5回Vリーグ(1999年)
サーブ賞:山本隆弘松下電器パナソニック・パンサーズ)20.01% - 第10回Vリーグ(2004年)
サーブレシーブ賞:古田博幸(住友金属ギラソール)87.88% - 第4回Vリーグ(1998年)
最多得点:山本隆弘 525点 - 第12回Vリーグ(2006年)
女子
スパイク賞:荒木絵里香東レアローズ)54.69% - 2007/08シーズン
ブロック賞:江越由佳ユニチカ・フェニックス)1.44本 - 第5回Vリーグ(1999年)
サーブ賞:張紫音NECレッドロケッツ)19.6% - 2011/12シーズン(2012年)
サーブレシーブ賞:大懸郁久美NECレッドロケッツ)87.4% - 第7回Vリーグ(2001年)
最多得点:木村沙織 (東レ・アローズ)566点 - 2009/10シーズン(2010年)
日本リーグ創設50周年を記念して、2016/17シーズンより下記の特別表彰が追加された。

松平康隆賞 - 松平康隆の功績を称えた賞で、「V・プレミアリーグの優勝監督」「当該シーズンで偉大な記録を達成した選手」に贈呈される[10]
[4]前ページ
(7.2.個人賞)
[6]次ページ
(8.V・カップ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/12 05:41
ソ人気記事ランキング
2019/12/08 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant