プレーオフ
▼人気記事ランキング
5.同一の組で再度決定戦を行うもの
5.11.バスケットボール・日本リーグ(男子)・Wリーグ(女子)
旧日本リーグ時代の一時期は2ブロック制を採用していたが、その後1ブロック制となりプレーオフの仕組みも変更された。

その後、男子・日本バスケットボールリーグ時代については8チーム総当り(6回・42試合)のレギュラーシーズンを行った後、上位4チームが準決勝は3戦2勝制、決勝は5戦3勝制のプレーオフを行い優勝を決めていた。

女子・Wリーグは2012-13シーズンより12チーム総当り(2回・22試合)のレギュラーシーズンを行った後、上位8チームがプレーオフに進出。まず総当り(1回・7試合)のファーストラウンドを行い、上位4チームが3戦2勝制の準決勝、そして5戦3勝制の決勝で優勝を決める。

[4]前ページ
(5.10.バレーボール・プレミアリーグ)
[6]次ページ
(5.12.韓国バスケットボールリーグ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/11/09 21:30
ソ人気記事ランキング
2018/12/17 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位12月16日
 4位艶堂しほり
 5位マコーレー・カルキン
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant