プレーオフ
▼人気記事ランキング
5.同一の組で再度決定戦を行うもの
5.1.日本プロ野球
パシフィック・リーグでは、2004年から2006年までの間、レギュラーシーズンの3位チームと2位チームが先ず2戦先勝方式の第1ステージを行い、その勝者とレギュラーシーズンの1位チームが3戦先勝方式の第2ステージで対戦してリーグ優勝を決める方式で開催していた。

セントラル・リーグでは、2001年より勝率1位のチームと勝利数1位のチームでのプレーオフが規定されていた(この方式によるセ・リーグでのプレーオフ事例はない)。

2007年から両リーグともに従来のプレーオフ制度は廃止され、日本シリーズに進出するリーグ代表を決めるためにクライマックスシリーズ(「クライマックス セ」と「クライマックス パ」)を開催することとなったが、クライマックスシリーズの結果にかかわらずリーグ優勝はペナントレース勝率1位のチームとなることから、従前のプレーオフの位置づけとは異なる。

日本プロ野球のプレーオフの詳細についてはプレーオフ制度 (日本プロ野球)を参照。

[4]前ページ
(5.同一の組で再度決定戦を行うもの)
[6]次ページ
(5.2.韓国野球委員会(KBOリーグ))
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/11/09 21:30
ソ人気記事ランキング
2018/12/17 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位12月16日
 4位艶堂しほり
 5位マコーレー・カルキン
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant