サービス終了のお知らせ
プラトーン
▼人気記事ランキング
概要
プラトーン』(英語: Platoon, 英語発音: [pl??tu?n] プラトゥーン)は、1986年公開のアメリカ映画。製作会社はオライオン・ピクチャーズで、監督・脚本はオリバー・ストーン。出演はチャーリー・シーントム・ベレンジャーウィレム・デフォー

第59回アカデミー賞 作品賞、第44回ゴールデングローブ賞 ドラマ部門作品賞受賞作品。

タイトルの「プラトーン」は、軍隊の編成単位の一つで、30名から60名程度で構成される小隊の意味である(本来の発音に近い表記はプラトゥーンである)。

概要[編集]

1970年代の『ディア・ハンター』や『地獄の黙示録』に次いで、1980年代にベトナム戦争を描いたオリバー・ストーンの代表作である。

ベトナム帰還兵であるオリバー・ストーンが、アメリカ陸軍の偵察隊員であった頃の実体験に基づき、アメリカ軍による無抵抗のベトナム民間人に対する虐待・放火、虐殺や強姦、米兵たちの間で広がる麻薬汚染、仲間内での殺人、誤爆、同士討ち、敵兵に対する死体損壊など、現実のベトナム戦争を描く。

アメリカ国内だけで予算の20倍を超える1億3800万ドルの興行収入を記録した。

ストーリー[編集]

1967年ベトナム共和国(「南ベトナム」)。白人のクリス・テイラーは自分と同年代の、それも地域によっては依然として白人と比べて劣悪な扱いを受けている黒人やその他の少数民族、果ては誰も名前を知らないような小さな町で生まれ育った貧困層という、アメリカ合衆国の底辺層である若者が、職業と現金を求めて、次々とアメリカ軍に入隊していく現実に憤りを覚え、両親の反対を押し切って大学を中退して、アメリカ陸軍に志願、ベトナム戦争の戦場へやってきた。しかし、南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)のゲリラ戦に悩まされ、鬱蒼とした密林のジャングルで対峙する戦場の過酷さは、彼の想像を遥かに超えるものであり、現地に配属された当日に、自身の正義ぶった決断を後悔する。

クリスは、カンボジア国境付近に駐屯するアメリカ陸軍第25歩兵師団のある小隊に配属される。そこは、まさに戦鬼と化した鬼軍曹バーンズと、まだ人間らしさを残したエリアス軍曹が取り仕切る小社会だった。クリスはその中で黒人と白人の混成部隊が分け隔てなく時に敵と戦い、時に戦友たちと大麻を嗜み、徐々に小隊、兵隊生活、そして戦争になじんでいく。だが、戦争はさらに過酷さを増し、ベトコンの罠ばかりか、味方の同士討ちまでもが小隊を襲う。戦友は次々と倒れ、生き残った戦友たちの中には、現地民間人に手を出すものまで現れ、彼らの処遇を巡ってバーンズとエリアスの対立は決定的な破局を迎えた。

エリアスは民間人を殺害しようとしたバーンズを軍法会議に告発しようと考えていたが、バーンズは戦場の混乱の中でエリアスを殺害して口を封じる。クリスは、バーンズの態度から彼がエリアスを殺したことを察知し、仲間たちに報復を呼びかけるが、彼らはバーンズに一喝されて尻込みしてしまう。それから数日後、ベトコンの大部隊が夜襲を仕掛け、クリスたちは戦場で敵に囲まれてしまう。司令部にもベトコンが攻撃を仕掛け、指揮官は司令部ごとベトコンを空爆するように指令を出し、クリスたちは味方の空爆に巻き込まれてしまう。翌朝、負傷したものの空爆を生き延びたクリスは、同じように重傷を負っていたバーンズを見付け射殺する。クリスは味方の部隊に救出され、戦場を後にする。

キャスト[編集]

ソフト版:初回盤発売1998年6月25日
テレビ朝日版:初回放送1989年10月8日『日曜洋画劇場
テレビ東京版:初回放送2003年9月25日『木曜洋画劇場

スタッフ[編集]

監督/脚本:オリバー・ストーン
製作総指揮:ジョン・デイリー、デレク・ギブソン
製作:アーノルド・コペルソン
撮影:ロバート・リチャードソン
音楽:ジョルジュ・ドルリュー
特殊メイク:ゴードン・J・スミス
美術:ローデル・クルツ
日本語字幕翻訳:岡枝慎二
日本語吹替翻訳:峯間貴子

作品解説[編集]

出演した俳優は当時まだ無名に近いものが多く、予算は600万ドルと多くはなかったが、実体験に基づいたリアリティのある戦闘シーンなどハリウッド的スペクタクル映画の要素も備えており映画は大ヒットした。

『プラトーン』の成功でオリバー・ストーンはベトナム戦争を題材にした映画の先駆者として評価されるようになり、一人のベトナム帰還兵の生涯を描いた『7月4日に生まれて』を監督。同作品でもアカデミー監督賞を受賞した。

ナレーションは主役を演じたチャーリー・シーンにより行われた。

配役[編集]

主人公のクリス・テイラー役には当初カイル・マクラクランキアヌ・リーブスが候補に挙がっていたが、共に出演を断られた。また、チャーリー・シーンの実兄であるエミリオ・エステヴェスにも出演を依頼したがギャランティー関連の交渉が成立せず、「テイラーを演じるには若すぎる」として出演を断っていた弟のチャーリー・シーンが演じることとなった。また監督はジョニー・デップにもテイラー役をオファーしている。デップは自分が若すぎることと自らに知名度がないことを理由に断ったが、ストーンは「彼は将来一大映画スターになるであろう」と予測し、(端役ではあったが)ガーター・ラーナー役での出演を直訴した。

冷酷無比な人物として登場するバーンズ軍曹[4]の役は当初ケビン・コスナーに出演を依頼していた。

撮影・演出[編集]

撮影当時は、アメリカ合衆国ベトナム社会主義共和国との国交がなかったため、フィリピン共和国ルソン島で行われている。映画に参加する全ての俳優は、撮影開始2週間前からフィリピンに滞在し、当時の生活を実践した。髪型食料は、軍人仕様と同一のもの(GIカットにレーション)とさせられ、シャワーを浴びることさえ許可されなかった。また、ジャングルで夜を明かす際も、ローテーションで監視まで行う徹底ぶりであった。指導には、元アメリカ合衆国海兵隊大尉であり、本作でハリス大尉役を演じているデイル・ダイが係わっている[5]

映画で使用された煙草は、オリバー・ストーンがリアリティに拘った結果、当時製造されていた桜色のパッケージを施したマールボロを再現した。

映画に参加した俳優の中には、着用しているヘルメットに自らメッセージを書き加えたものもいる[6]

焼き討ちした村を離れ、大勢の兵士が銃を携行して移動するシーンには、日本MGC製モデルガンM16自動小銃が、小道具として使われていた。

受賞・ノミネート[編集]

第59回アカデミー賞
受賞:作品賞、監督賞、編集賞、録音賞
ノミネート:脚本賞、助演男優賞(ベレンジャー/デフォー)、撮影賞
第44回 ゴールデングローブ賞
受賞:ドラマ部門作品賞/監督賞/助演男優賞(ベレンジャー)
ノミネート:脚本賞
第41回 英国アカデミー賞
受賞:監督賞、脚本賞
ノミネート:撮影賞
第2回 インディペンデント・スピリット賞
受賞:作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞
ノミネート:主演男優賞(デフォー)
第37回ベルリン国際映画祭 銀熊賞(監督賞)
第22回 カンザスシティ映画批評家協会賞 監督賞
第7回 ボストン映画批評家協会賞 監督賞
第61回 キネマ旬報ベスト・テン 委員選出外国語映画第2位
第11回 日本アカデミー賞 最優秀外国語作品賞

脚注[編集]

出典:Wikipedia
2020/02/21 03:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant