サービス終了のお知らせ
ブダペスト
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ブダペストまたはブダペシュトハンガリー語: Budapest, 英語:[?bu?d?p?st], [?bu?d?p??t] or [?b?d?p?st]; ハンガリー語発音: [?bud?p??t] ( 音声ファイル))は、ハンガリーの首都であり、同国最大の都市である[3]
「ブダペスト」として一つの市でドナウ川の両岸を占めるようになったのは1873年11月17日に西岸のブダオーブダ、東岸のペストが合併してからである[4][5]
ドナウ川河畔に位置し、ハンガリーの政治、文化、商業、産業、交通の一大中心都市で[6]、東・中央ヨーロッパ (enでは最も大きな都市の1つ。しばしばハンガリーのプライメイトシティとも表現される[7]
ブダペストの市域面積は525km2 (202.7 sq mi)[4]で、2011年国勢調査によるブダペストの人口は174万人[8]、ピークであった1989年の210万人より減少している[9]。これは、ブダペスト周辺部の郊外化によるものである[10]。ブダペスト都市圏(通勤圏)の人口は330万人である[11][12]
ブダペストの歴史の始まりはローマ帝国アクインクムとしてで、もともとはケルト人の集落であった[13][14]。アクインクムは古代ローマの低パンノニア属州の首府となっている[13]マジャル人がブダペスト周辺にやって来たのは[15]9世紀頃である。最初の集落は1241年から1242年にかけてモンゴルの襲来 (enにより略奪された[16]15世紀[17]町が再建されるとブダペストはルネサンス期の人文主義者文化の中心となった[18]。続いてモハーチの戦いが起こり、オスマン帝国による150年間の支配が続き[19]18世紀19世紀に新しい時代に入ると町は発展し繁栄する。ブダペストは1873年にドナウ川を挟んだ都市の合併が行われると、世界都市となる[20]。また、1848年から1918年第一次世界大戦敗戦まで列強に含まれたオーストリア=ハンガリー帝国ウィーンに続く第二の首都であった。1920年トリアノン条約によりハンガリーは国土の72%を失い、ハンガリーの文化や経済をブダペストがすべてを占めるようになった。ブダペストはその大きさや人口で圧倒的に優位に立ち、ハンガリーの他の都市を小さく見せていた[21]。ブダペストはハンガリー革命 (1848年)1919年ハンガリー評議会共和国1944年パンツァーファウスト作戦1945年ブダペスト包囲戦1956年ハンガリー動乱など数々の歴史的な舞台の場でもあった。
ブダペストはヨーロッパでも最も美しい街の一つで[3][22][23]、ドナウ川河岸を含め世界遺産が広がりブダ城アンドラーシ通り英雄広場は良く知られている。ブダペスト地下鉄1号線Millenniumi F?ldalatti Vas?tロンドン地下鉄に次いで世界で2番目に古い地下鉄である[22][24]。ブダペストの他のハイライトはセーチェーニ温泉を含めた80の温泉[25]世界でも最大の地下熱水系統がある[26]。世界で3番目に大きなシナゴーグであるドハーニ街シナゴーグ国会議事堂などもブダペストの見所である。ブダペストの観光客数は年間270万人に上り、ロンドンにある民間調査機関ユーロモニターによればブダペストは世界で37番目に旅行者が多い観光地であるとされている[27]
目次
1.呼称
2.歴史
├2.1.古代から19世紀まで
└2.2.20世紀から現代まで
3.地理
├3.1.地勢
└3.2.気候
4.経済
5.観光
├5.1.世界遺産
├5.2.その他の名所
└5.3.温泉
6.統計
├6.1.民族
└6.2.宗教
7.行政区画
8.交通
9.文化
└9.1.ブダペストを舞台にした作品
10.教育
11.スポーツ
12.ブダペスト出身の人物
13.国際関係
├13.1.姉妹都市
└13.2.協力都市
14.ギャラリー
15.脚注・脚注関連文献
16.関連項目
17.外部リンク
出典:Wikipedia
2020/02/16 02:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant